Yacht-Master アーカイブ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

yachtmaster_mainbanner

ロレックス買取のロレックスファンが選ばれる理由とは

高額でのロレックス買取事例

ロレックス-ヨットマスターII-116689-2,650,000円-C社2,500,000円-D社2,250,000円
宅配買取

ヨットマスターII 116689

C社買取価格 ¥2500000

D社買取価格 ¥2250000

当社買取価格

2650000

ロレックス-ヨットマスターII-116681-1,750,000円-C社1,600,000円-D社1,680,000円
宅配買取

ヨットマスターII 116681

C社買取価格 ¥1600000

D社買取価格 ¥1680000

当社買取価格

1750000

ロレックス-ヨットマスター-ロレジウム-168622-480,000円-C社460,000円-D社420,000円
宅配買取

ヨットマスター ロレジウム 168622

C社買取価格 ¥460000

D社買取価格 ¥420000

当社買取価格

480000

ロレックス-ヨットマスター-レディース-ブルー文字盤-169623-450,000円-C社410,000円-D社400,000円
宅配買取

ヨットマスター レディース ブルー文字盤 169623

C社買取価格 ¥410000

D社買取価格 ¥400000

当社買取価格

450000

ロレックス-ヨットマスター-ホワイト文字盤-168623-580,000円-C社550,000円-D社510,000円
宅配買取

ヨットマスター ホワイト文字盤 168623

C社買取価格 ¥550000

D社買取価格 ¥510000

当社買取価格

580000

ロレックス-ヨットマスター-ボーイズ-68628-1,00,000円-C社950,000円-D社880,000円
宅配買取

ヨットマスター ボーイズ 68628

C社買取価格 ¥950000

D社買取価格 ¥880000

当社買取価格

1000000

ロレックス-ヨットマスター-ブルー文字盤-116622-800,000円-C社700,000円-D社670,000円
宅配買取

ヨットマスター ブルー文字盤 116622

C社買取価格 ¥700000

D社買取価格 ¥670000

当社買取価格

800000

ロレックス-ヨットマスター-グレー文字盤-168623-600,000円-C社580,000円-D社550,000円
宅配買取

ヨットマスター グレー文字盤 168623

C社買取価格 ¥580000

D社買取価格 ¥550000

当社買取価格

600000

ロレックス-ヨットマスター-116688-2,500,000円-C社
宅配買取

ヨットマスター 116688

C社買取価格 ¥2350000

D社買取価格 ¥2420000

当社買取価格

2500000

ロレックス-ヨットマスター-16628NGR-2,000,000円-
宅配買取

ヨットマスター 16628NGR

C社買取価格 ¥1800000

D社買取価格 ¥1760000

当社買取価格

2000000

選択できる3つのロレックス買取プラン

宅配でのロレックス買取
店舗でのロレックス買取
出張でのロレックス買取

自宅でできる、宅配によるロレックスのお買取の手順

①お申し込み、②お品物の発送、③査定、④ご連絡

こんな状態でも買取れます!

ご利用されたお客様の声

買取店舗のご紹介

【新宿店】
【銀座本店】
【大阪本店】
【渋谷店】

ロレックスのヨットマスター


ロレックスを代表するプロフェッショナル用スポーツウォッチと言えば、サブマリーナですが、ヨットマスターもそれを語る上で忘れることはできません。
しかし、本格スポーツ仕様となっているサブマリーナとは、一線を画すると言ってもよいヨットマスター、その魅力はラグジュアリーなスポーツウォッチと言う位置づけができるでしょうか。
ステイタス性の高さと存在感が魅力のそのデザインは、世界中のセレブリティに愛され、その遊び心を魅了してやみません。
ダイバーズモデルとして発表されているサブマリーナに対し、ヨットマスターはその名の通り、ヨットやクルーザーを楽しむセレブのために作られたモデルであります。
1992年に発表されたヨットマスターは、サブマリーナと同じく1分刻みの目盛りが入っている逆回転防止のベゼルが搭載されています。
目盛りが立体的なレリーフになっている、という点がサブマリーナと区別化されているポイントであります。
その防水機能は100メートルを誇り、文字盤に刻まれたヨットマスターというモデル名が存在感を際立てています。
発売当初、金無垢とコンビのみのラインナップで発表されました。
1999年には、ロレジウムが加わり、ダイヤルとベゼルにプラチナが使われたオールシルバーのボディ、それとは対照的な赤い秒針が鮮烈なインパクトを与えました。
サブマリーナと同じCal.3135がムーブメントに採用されたことでも注目を集めました。
ロレックスでは、サブマリーナやエクスプローラーが、立て続けに1950年代スポーツモデルとして誕生しました。
1970年代以降に関しては、それまで存在したラインがモデルチェンジされるのみで、新シリーズはしばらく誕生していませんでした。
1992年、そんなロレックスに新たな顔が加わったとしてヨットマスターは大注目され、華々しくデビューしたのでした。
高級スポーツウォッチという位置づけで発表されたヨットマスターは、オール金無垢仕様であり、とてもゴージャスな印象を持っています。
立体感が回転ベゼルによって際立ち、100メートルを誇る防水機能についても高く評価されました。
1993年には、イエローゴールドとステンレススチールが組み合わさったヨットマスターロレゾールが発表され、これも大きな話題を呼びました。
更に1994年にはレディースラインも発表され、メンズ、ボーイズ、レディースの3つのサイズ展開がスタートします。
その後、全ボディがシルバーで統一されたヨットマスターロレジウムが新しく発表され、ファンを虜にしたのでした。

ロレックスのヨットマスターの歴代モデル


ヨットマスターは、ロレックスからラグジュアリー路線のスポーツウォッチとして発表されました。
自家用のクルーザーやヨットなどで、リゾートで過ごすセレブリティーがターゲttとなっています。
高級ラインとして位置付けされていることから、独特のベゼルデザインとなっています。
立体的にエンボス加工が施されており、素材のバリエーションに関しても多くの腕時計モデルに採用されている一般的なステンレススチールは採用されていません。
クルーズやヨットなどを楽しむ際の腕時計として作られていることから、もちろん防水機能に関しても100メートルを誇り非常に高精度となっています。
ロレックスからは、ヨットマスター以外にも数々のスポーツラインが発表されていますが、ヨットマスターはスポーツラインで唯一の3サイズの展開となっています。
メンズ、ボーイズ、レディスと豊富なラインナップが揃っているため、ペアウォッチとしてもお楽しみいただけます。
ロレジウムと名付けられた、ステンレスとプラチナがコンビネーションしたモデルが最も高い人気となっています。
それでは、ヨットマスターの歴代のモデルを振り返りながら、ヨットマスターが歩んできた軌跡を見ていきたいと思います。
Ref.116622はヨットマスターが誕生した2012年から製造されている、Cal.3135ムーブメントを搭載したモデルです。
ベゼルの内部機構を改良し、ブレスレットをリニューアルして作られたモデルです。
ムーブメントに関する変更はなかったものの、パラクロム・ヒゲゼンマイが採用され、非常に耐磁性に優れたモデルです。
夜光塗料がクロマライトに変更となっており、性能や実用性の面において向上されています。
それまでダイヤルカラーはプラチナのみでしたが、サンレイ仕上げのブルーダイヤルが加わったのも特筆すべきポイントとなっています。
Ref.16623は2004年に発表されたCal.3135ムーブメント搭載のモデルです。
メンズサイズの40ミリ径のステンレスと18金のコンビネーションモデルです。
ゴールドモデルと同じく、シャンパン、ホワイト、グレー、ブルーの4色がダイヤルカラーとして展開されています。Ref.16622は、199年から2012年まで製造されていたCal.3135搭載のモデルです。ステンレスとプラチナの組み合わせが新しいバリエーションとして加わったロレジウムで、一躍話題となりました。ダイヤルとベゼルディスクにプラチナが採用されている点も人気となったポイントでした。ヨットマスターは現在も世界中の人々を魅了しています。