Thunder Bird/Sky Dweller アーカイブ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

thunderbird_mainbanner

ロレックス買取のロレックスファンが選ばれる理由とは

高額でのロレックス買取事例

ロレックス デイトジャスト サンダーバード 16264 ピンク文字盤 270.000円 C社 220.000円 D社 210.000円
店頭買取

デイトジャスト サンダーバード 16264 ピンク文字盤

C社買取価格 ¥220000

D社買取価格 ¥210000

当社買取価格

270000

ロレックス デイトジャスト サンダーバード 16264 シェル文字盤 330.000円 C社 290.000円 D社 270.000円
店頭買取

デイトジャスト サンダーバード 16264 シェル文字盤

C社買取価格 ¥290000

D社買取価格 ¥270000

当社買取価格

330000

ロレックス-スカイドゥエラー-326939 3,400,000円-C社3,310,000円-D社3,100,000円
出張買取

スカイドゥエラー 326939

C社買取価格 ¥3310000

D社買取価格 ¥3100000

当社買取価格

3400000

ロレックス-スカイドゥエラー-326938 3,600,000円 C社3,580,000円-D社3,310,000円
店頭買取

スカイドゥエラー 326938

C社買取価格 ¥3580000

D社買取価格 ¥3310000

当社買取価格

3600000

ロレックス-スカイドゥエラー 326139 ブラックアラビア 2.750.000円 C社2.500.000円 D社 2.600.000円
店頭買取

スカイドゥエラー 326139 ブラックアラビア

C社買取価格 ¥2500000

D社買取価格 ¥2600000

当社買取価格

2750000

ロレックス-スカイドゥエラー-326135 2,900,000円-C社2,700,000円-D社2,410,000円
店頭買取

スカイドゥエラー 326135

C社買取価格 ¥2700000

D社買取価格 ¥2410000

当社買取価格

2900000

ロレックス サンダーバード YG 1625-950.000円 C社 880.000円 D社820.000円
店頭買取

サンダーバード YG 1625

C社買取価格 ¥880000

D社買取価格 ¥820000

当社買取価格

950000

ロレックス サンダーバード 16264 410.000円 C社350.000円 D社 380.000円
店頭買取

サンダーバード 16264

C社買取価格 ¥350000

D社買取価格 ¥380000

当社買取価格

410000

ロレックス-サンダーバード 16263-ブラック文字盤 440.000円 C社400.000円 D社350.000円
店頭買取

サンダーバード 16263 ブラック文字盤

C社買取価格 ¥400000

D社買取価格 ¥350000

当社買取価格

440000

ロレックス-サンダーバード-16263 440.000円 C社380.000円 D社 340.000円
店頭買取

サンダーバード 16263

C社買取価格 ¥380000

D社買取価格 ¥340000

当社買取価格

440000

選択できる3つのロレックス買取プラン

宅配でのロレックス買取
店舗でのロレックス買取
出張でのロレックス買取

自宅でできる、宅配によるロレックスのお買取の手順

①お申し込み、②お品物の発送、③査定、④ご連絡

こんな状態でも買取れます!

ご利用されたお客様の声

買取店舗のご紹介

【新宿店】
【銀座本店】
【大阪本店】
【渋谷店】

ロレックスのサンダーバード・スカイド


ロレックスのサンダーバードは、双方向回転ベゼル付きのデイトジャストです。
1954年に、カスタムオーダー・モデルのバリエーションのひとつとして発表されました、販売が開始されたのは、翌年1955年、ロレックスのニューヨークにある視点が、現地法人化したことがきっかけとなりました。
その年、米空軍の英雄として知られたドナルド・フェリス大佐が、現役を退くこととなり、アメリカく軍のオフィシャルアクロバット飛行チームであったサンダーバーズに入隊することとなります。
その際、ドナルド・フェリス大佐に贈られた金無垢の腕時計、Ref.6309がサンダーバードのファーストモデルになったと言われています。
このようにして生まれたサンダーバードは、開発当初はまだーバードというネーミングではありませんでした。
このサンダーバードというネーミングは、このモデルの正式名称ではありません。
回転ベゼルが搭載されていない他のデイトジャストと区別化を図るために、用いられた通称であります。
アメリカ国内で特にサンダーバードという使われており、一方、ヨーロッパにおいてはターのグラフと呼ばれるのが一般的であります。
では、いつ頃からサンダーバードと呼ばれるようになったのかと言うと、先に述べたサンダーバーズのフェリス大佐にRef.6309が贈られたことが大いに関係していることは言うまでもないでしょう。
しかしながら、実際にその事実が知られるようになったのは、ここ最近のことであります。
海外のオークションで、当時贈られた時計が出品されたことがきっかけでした。
それまで、アメリカ国外ではフェリス大佐について知る人が多かった訳ではなかったでしょう。
さて、このサンダーバードが誕生してからおよそ半世紀後、ロレックスにおいて史上最高と言える複雑機構が備わった腕時計が発表されます。
それが、スカイドゥエラーです。
これは、42ミリ径の大型ケースの中に2つのタイムゾーンと年次カレンダーが組み込まれた複雑時計で、世界を飛び回るトラベラーや、世界を股にかけ活躍するビジネスマンのために開発されました。
サンダーバードと同じく金無垢モデルが展開されており、操作は非常にシンプルながらもベゼル、リューズ、歯車の連動によって日付やローカルタイム、ホームタイムの変更ができるようになっています。
長い歴史の中で、ロレックスが開発してきた名機は、確実に進化を遂げながら、それぞれから培った技術によってより良いものを生み出し続けているのです。

ロレックスのサンダーバード・スカイドの歴史


ロレックスは世界的に有名な腕時計ブランドです。
その長い歴史の中で数々の名機と呼ばれる作品を生み出してきました。
ロレックスの時計製造における歴史市場、最高の複雑時計だと称されるスカイドゥエラーは、42ミリ径のケースに、2つのタイムゾーンと年次カレンダー機構を持つムーブメントが搭載されています。
世界を飛び回るビジネスマンや、旅行者のために開発されたロレックス自慢の名機です。
スカイドゥエラーに搭載された年次カレンダーは、サロスシステムと呼ばれロレックスが独自に開発したものでありますが、これは古代ギリシャの天文現象からインスピレーションを受けて作られたと言われています。
ムーブメントの構造がシンプルなほど、堅牢性、メンテナンス性はあがります。
このサロスシステムのシンプルな作りは、他には決して真似することはできないでしょう。
スカイドゥエラーには、ヨットマスターⅡのベゼルとムーブメントが更なる進化を遂げた姿が見えます。
ベゼル、リューズ、そして歯車が連動するリングコマンドシステムと呼ばれる機構が搭載され、日付やローカルタイム、そしてホームタイムの変更ができるようになりました。
このことにより、複雑時計でありながらも、非常にシンプルな操作での調整が可能となっています。
文字盤の真ん中にある赤い三角マークで24時間表記がされ、インデックスの外周にある小窓の色でt機が表されています。
究極に洗練されたスタイリッシュさは、さすがロレックスといえるでしょう。
スカイドゥエラーは、世界のトップブランドであるロレックスのこだわりぬかれた堅牢性、メンテナンス性を実現し、さらには操作性、デザイン性への追求を貫いたロレックスの情熱を体現しています。
そんなスカイドゥエラーの歴史は、ロレックスの中においても非常に新しく、1992年に発表されたヨットマスターシリーズから20年経った待望の新作として2012年に発表されました。
同社初の年次カレンダーCal.9001が搭載されたRef.326939、Ref.326938、Ref.326135は一躍話題を集めました。
そそがれた14にも及ぶ特許技術は、モダンなロレックスの歴史にまた新たな1ページを刻みました。
昨年には、Ref.326139、Ref.326138、Ref.326935が加わり、更なる進化を遂げています。
ロレックスから、1950年代に発表されたサンダーバードから50年という歴史的な今年2015年、ロレックスの世界を飛び回るための時計は、更なる進化を遂げ新しい顔を私達に見せてくれるでしょうか。
今後も、ニューフェイスの登場に注目が集まります。