Submariner/Sea Dweller アーカイブ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)

submariner_mainbanner

ロレックス買取のロレックスファンが選ばれる理由とは

高額でのロレックス買取事例

ロレックス-赤サブ-1680-1,250,000円-C社850,000円-D社930,000円
店頭買取

赤サブ 1680

C社買取価格 ¥850000

D社買取価格 ¥930000

当社買取価格

1250000

ロレックス-シードゥエラー-ディープシー-ディープブルー文字盤116660-1,50,000円-C社1,350,000円-D社1,400,000円
店頭買取

シードゥエラー ディープシー ディープブルー文字盤 116660

C社買取価格 ¥1350000

D社買取価格 ¥1400000

当社買取価格

1500000

ロレックス シードゥエラー ディープシー 116660 910,000円 C社800,000円 D社880,000円
店頭買取

シードゥエラー ディープシー 116660

C社買取価格 ¥800000

D社買取価格 ¥880000

当社買取価格

910000

ロレックス-シードゥエラー-4000-116600-850,000円-C社670,000円-D社650,000円
店頭買取

シードゥエラー 4000 116600

C社買取価格 ¥670000

D社買取価格 ¥650000

当社買取価格

850000

ロレックス-シードゥエラー-1665-1,200,000円-C社1,000,000円-D社1,100,000円
店頭買取

ロレックス シードゥエラー 1665

C社買取価格 ¥1000000

D社買取価格 ¥1100000

当社買取価格

1200000

ロレックス-サブマリーナデイト-116618LB-2,100,000円-C社1,700,000円-D社1,500,000円
店頭買取

サブマリーナデイト 116618LB

C社買取価格 ¥1700000

D社買取価格 ¥1500000

当社買取価格

2100000

ロレックス-サブマリーナデイト--8Pダイヤ-116619GLB-2,600,000円-C社2,150,000円-D社2,000,000円
店頭買取

サブマリーナデイト 8Pダイヤ 116619GLB

C社買取価格 ¥2150000

D社買取価格 ¥2000000

当社買取価格

2600000

ロレックス-サブマリーナーデイト-116610LN-730,000円-C社690,000円-D社655,000円
店頭買取

サブマリーナーデイト 116610LN

C社買取価格 ¥690000

D社買取価格 ¥655000

当社買取価格

730000

ロレックス-サブマリーナー-デイト-116610LV-900,000円-C社750,000円-720,000円
店頭買取

サブマリーナー デイト 116610LV

C社買取価格 ¥750000

D社買取価格 ¥720000

当社買取価格

900000

ロレックス-サブマリーナ-14060M-450,000円-C社420,000円-D社410,000円
店頭買取

サブマリーナ 14060M

C社買取価格 ¥420000

D社買取価格 ¥410000

当社買取価格

450000

選択できる3つのロレックス買取プラン

宅配でのロレックス買取
店舗でのロレックス買取
出張でのロレックス買取

自宅でできる、宅配によるロレックスのお買取の手順

①お申し込み、②お品物の発送、③査定、④ご連絡

こんな状態でも買取れます!

ご利用されたお客様の声

買取店舗のご紹介

【新宿店】
【銀座本店】
【大阪本店】
【渋谷店】

ロレックスのサブマリーナ・シードゥエラー


ロレックスは、その歴史の中で完全防水にこだわりあくなき探求を続けてきました。
1926年発表のオイスターケース以来、防水性という課題は、ロレックスにとって他の追随があってはならない大変重要な技術課題となっていたのです。
1950年代、そんなロレックスから発表されたのがサブマリーナです。
本格派ダイバーズウォッチとして、ロレックスが持ちうる技術が投影され華々しいデビューを遂げました。
ダイバーズモデルの代表作ともなっているサブアリーナは、1953年から半世紀以上が経過した間に数々のモデルチェンジを重ねてきました。
いつの時代も、常にロレックスにおけるスポーツモデルの象徴として君臨してきたのでした。
サブマリーナが発表された1950年代、ロレックスはそれまで培ってきた防水性や耐久性などに対する技術を集め、プロフェッショナル向けの特殊ウォッチを開発するため積極的に研究を重ねていました。
そんな背景のもと、誕生したのがサブマリーナであり、究極の防水時計としてロレックスにとって特殊モデルの第1号となったのでした。
サブマリーナはこれまで数々のモデルチェンジを重ねてきました。
初期には特に頻繁にモデルチェンジが行われており、ロレックスがサブマリーナに賭けた情熱と試行錯誤の上改良され、進化されてきたモデルであることが伺いしれます。
現在、サブマリーナのファーストモデルはRef.6204だと言われています。
サブマリーナにおけるモデルチェンジの中では、セラミックベゼルの改良が非常に高く評価されています。
GMTマスターⅡと同じく、 頻繁に動かすことになるベゼルは、装着する際ぶつけてしまうことが多く傷がつきやすいポイントになります。
硬く傷にも強いセラミック素材が使われることによって、耐久性を兼ね備え、またデザイン性の高さも手に入れることができました。
そんなサブマリーナは、300メートルの防水性能を持つとして大変注目されましたが、そんなサブマリーナの防水機能をより高めたモデルとして後世において堂々とデビューを果たしたのがシードゥエラーです。
シードゥエラーは1200メートル以上の防水機能を備えた深海対応のダイバーズウォッチとして、またサブマリーナの更なる上を行く名機としてロレックスから発表されたのでありました。
そんな二つのダイバーズウォッチは、ロレックスにおいてスポーツウォッチの代表作として、またロレックスがあくなき探求を続けてきた防水性の努力の結晶として、世界中で多くのファンを獲得しています。

ロレックスのサブマリーナ・シードゥエラー相違点


ロレックスは、サブマリーナにおいてダイバーズウォッチとしての実績を築きあげました。
そしてそんなロレックスが次に挑戦したのは、更に深い深海への探訪であったのです。
飽和潜水に対応するため、へリウム・エスケープバルブを新しく開発したロレックスは、この画期的な機構を元に更なる進化を遂げたダイバーズウォッチを作り上げたのでした。
こうしてロレックスからデビューしたシードゥエラーは、ロレックスが作り出した、まだ誰も足を踏み入れたことのない未知の世界へと果敢に挑戦する、深海への先駆者となったのでした。
そんなシードゥエラーは、ロレックスが開発した世紀の名機、サブマリーナの潜水機能を強化したモデルと言えますが、これらの二つの大きな違いは、防水機能、そしてヘリウムガスエスケープバルブ、サイクロップスレンズがあるかないかという点になります。
サブマリーナが水深300メートルの防水機能を持っているのに対し、シードゥエラーの防水機能は推進1220メートルと強化が図られています。
10メートル増すごとに1気圧増える水圧を考えると、シードゥエラーでは120気圧ほどまでは水が機械の中に侵入してこないということになります。
ここで疑問となるのが、そんなに深いところまで人間が実際にもぐって行くことができるのかという点ですが、人間が生身で潜水できるのは深くて500メートルほどになります。
しかしながら、500メートルという深海で時計を身に付けた腕を動かした場合、静止しているよりもはるかに水圧が増します。
このことを考えると、充分に必要な機能だということがわかるでしょう。
次に、ヘリウムガスエスケープバルブについてですが、これは時計の中にヘリウムガスが入り込んだ場合、これを放出する目的のバルブになります。
深い海での潜水は、通常のダイビングに使われるボンベではなく、水素とヘリウムガス、それに酸素を混ぜ合わせたガスが使われます。
ヘリウムガスは空気より小さな気泡であり、これが時計機器の狭い隙間からでも機械内部に侵入してしまうのです。
海の底で入り込んでしまったガスは、上がってくる際に膨張し、時計を破損してしまうという事故が実際にそれまで起こっていました。
そこでシードゥエラーには、気圧を保つバルブが供えられたのです。
サイクロップスレンズについては、日付の表示を拡大するためのレンズですが、これはロレックスの日付表示がついているモデルには全て搭載されています。
シードゥエラーについては、深い海の中での破損を帽子するため、これがつけられていません。