ロレックス ラグジュアリースポーツ系モデル~ヨットマスターの歴史について~ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス ラグジュアリースポーツ系モデル~ヨットマスターの歴史について~

ロレックスのヨットマスターは、おしゃれでシック、そしてラグジュアリーなロレックスを代表するモデルの一つです。

ヨットマスターは、ロレックスのラインナップの中の、スポーツモデルにおいてボーイズモデルとレディースモデル、両方あるのが最大の特徴でしょうか。また、ほかのスポーツ系モデルと違うのは、ドレスウォッチのような高級感をもっているところです。

今日は、そんなロレックスのヨットマスターの魅力に迫りたいと思います。

 

ロレックス ラグジュアリースポーツ系モデル~ヨットマスターの歴史について~

 

ロレックスのヨットマスターは、ロレックスを代表する人気モデルの一つです。ラグジュアリーモデルに位置付けられ、スポーツ系モデルの中では唯一メンズ、レディースともにラインアップされています。

 

ヨットマスターがロレックスから誕生したのは1992年のことでした。発売した当初は、金無垢モデルのみのラインナップでした。スポーツ系モデルとして誕生したヨットマスターは、海の上での使用をイメージされていますが、ほかのサブマリーナなどのダイバーズウォッチと違い防水性能は100メートルになっています。

これは、名のとおり、ヨットの上で身に着けることをコンセプトに置いているからです。富裕層がヨットの上で、バケーションを過ごす際に腕に身に着ける時計として誕生したヨットマスターは、ほかのダイバーズウォッチと一線を画す高級感が魅力です。

ヨットマスターは、スポーツ系モデルにおいて唯一メンズ、レディース、ボーイズと3サイズが展開されていますが、誕生から5年後の1997年にはステンレスとイエローゴールドのコンビモデルが発表されています。さらに2年後の1999年にはステンレスとプラチナ(ロレジウム)のコンビモデルも誕生しました。

 

このステンレスとプラチナモデルは、ベゼルとダイヤルにプラチナが採用されたオールシルバーのボディが印象的です。そこに明瞭な秒針の赤色が、鮮烈なインパクトを与え、一躍話題となったのです。

ムーブメントにはサブマリーナと同じCal.3135が採用され、実用性も約束されていました。 このロレジウムモデルは、スタイリッシュなデザインが圧倒的支持を獲得し、ヨットマスターをロレックスの代表モデルへとのし上げるきっかけとなったのでした。

が気に入られ、一躍ヨットマスターをロレックスの代表的なモデルに押し上げました。 その後、2007年にはヨットマスターⅡが発表されています。