ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

アンティークロレックスの魅力 30年代から40年代後半の個性豊かな時計

ここまで中古品のロレックスについてお話してきましたが、今日は40年代後半から60年代にかけて作られたロレックスのアンティーク時計とその魅力について迫りたいと思います。

 

アンティークロレックスについて年代別にご紹介していく前に、魅力を感じるポイントは人によって違うかと思いますが、やはり最も注目していただきたいのは文字盤のデザインにあるのではないでしょうか。

在庫をほかのメーカーより多く抱えているロレックスですので、種類がその分豊富で、同じ年代に作られた同じデザインの時計の中にも文字盤の色、素材、数字の書体、長針短針の形などが違うだけで、その印象や表情は全く変わってきます。アンティークのロレックスには奥深い魅力が詰まっているのです。

 

そして、アンティークの魅力である個性です。大量生産が始まっていない時代に作られたロレックスの時計は、すべてが唯一無二のものです。同じモデルでも、文字盤の日焼け具合や、刻まれてきた時刻が醸し出す哀愁はすべてが個性をもっています。これを機会に、アンティークロレックスというチョイスも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

では、30年代から40年代までのアンティークロレックスからご紹介していきましょう。

 

 

年代別アンティークロレックス

 

アンティークと呼ばれる時代の時計の中で、最も古い30~40年代のアンティークロレックスは個性に富んだ、美しい時計が多くそろっています。作られた時代が古いのでコンディションの面で不安が残りますが、オイスターケースが全盛期を迎えていたロレックスの時計は、良い状態で保たれているものが多く残されています。

 

ロレックスは、パーペチュアルとして初めてローターの回転を利用した自動巻き機構を1932年に発表しています。ヴィンテージ ビッグバブル Ref.6284 PGがその例です。30年代から40年代は、手巻きのオイスターとオイスターパーペチュアルが主力商品であったことがわかりますが、日付表示付きのデイトジャストも45年に発表されています。

 

また20年代から40年代後半にかけては、長方形ケースのプリンスが作られています。オイスター以前のロレックスを代表するこのモデルは、アール・デコ様式の影響からの優雅なデザインが特徴で、ファンにとってはとても注目のアンティーク時計でしょう。

秒針が下部に独立してついているものも中にはあり、ドクターウォッチと言われています。患者の脈拍を医者が図る際に、時分針と秒針が完全にわけられ、わかりやすく設計されたものです。その精度の高さは述べるまでもないでしょう。

ドクターウォッチは、珍しいこともあり、アンティーク市場ではとても人気があります。古い分メンテナンスが必要になるかもしれませんが、機能自体はしっかりしているのできちんと整えば愛用することは十分可能でしょう。