ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのコピー品 詳細まで確認できれば素人でも見分けることができる

ロレックスの偽造品は、その人気ゆえに多く市場に出回っています。コピー品を誤って購入してしまって後悔、なんていうことにならないように、偽物がどういったものなのか、把握しておくことが大切です。

ロレックスの偽物は、繁華街の露店やインターネットのオークションサイトなどで、条件問わず誰でも簡単に入手できます。近頃では、ETA社製のムーブメントが搭載された大変精巧な偽造品も多く出回っているというので驚きです。

 

また、ロレックスの偽物は一つだけではありません。モデルごとに各種コピー品が作られており、そのほとんどに自動巻きムーブメントが搭載されています。技術の進歩によって、偽造品も大変手の込んだものが出回っており、予算の都合上安いものをと追い求めた結果偽造品を手にしてしまったというケースも少なくないようです。こうした偽造品に騙されないように、まずロレックスのコピー品とはどういったものなのかを知り、本物との違いを区別できる知識をもっておくことが求められます

 

ロレックスの偽物はどうしたら見分けられるのか

 

ロレックスの偽物は市場に大変多く流通していますが、それについて知るには機能を確認することがポイントになります。詳細までじっくり観察できれば、たとえロレックスのプロでなくても判別が可能になるでしょう。

 

例えば、デイトナのクロノグラフなどは、機能面を実際に操作してみると、偽物であればすぐに判別できます。一方、サブマリーナを例にあげると、コピー品にも逆回転防止ベゼルが装備されていることがほとんどで、防水性の300メートルは購入時にどうしても確認することはでいません。それでも、時計のディテールまで確認を行うことができれば、判別は容易だといえます。

 

本物のサブマリーナは、エクステンションブレスや一体成形のフラッシュフィットなど、プロフェッショナル仕様になっている、頑丈な作りが特徴です。一方で、偽造品の作りはつめがあまく、クラスプのロゴの刻印や拡大鏡など、その品質は決して高くありません。手に取って、本物と偽物を実際に比較してみると、サイクロップレンズやロゴの王冠マーク、リューズやクラスプなど、粗悪な作りになっているのがどちらかは一目瞭然です。本物のロレックスがどんなに質の高いものなのかを知識として知っていれば、判別や問題なくできることでしょう。

 

しかし、むやみに眺めているだけでは判別はもちろんできませんので、どこをポイントに見ればよいのか、その点を次回ご紹介しましょう。