ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

GMTマスターの進化形 利便性を追求したGMTマスターⅡが持つ特殊な機能

ロレックスのGMTマスターは、あらゆるスポーツウォッチのラインナップの中でも特別な存在感を持つ人気モデルです。

GMTマスターは、秒針、短針、長針とは別のGMT針という針を文字盤上に設けており、それを使って今現在拠点としている国や地域以外の、時間を把握することができるようになっています。

これを使うと国と国とを飛び交うビジネスマンや旅行者たちが、自国と旅先との時差を瞬時に把握することができるようになり、非常に利便性が高くなりました。

 

現在GMTマスターは、進化形GMTマスターⅡとなり活躍しています。GMTマスターⅡはあらゆる機能が進化し、より利便性が高い時計となりました。そんなGMTマスターⅡの持つ特殊な機能をご紹介したいと思います。

 

GMTマスターの進化形 利便性を追求したGMTマスターⅡが持つ特殊な機能

 

 

GMTマスターIIでは、使い方を応用することによって、あらゆる使い道ができます。そのうちの一つが、なんと第三時間帯を知ることができるというものです。これは、1つの時計で3つの時間帯を把握することができるという大変優れた機能になります。少しコツが必要ですが、慣れるとさほど難しくないでしょう。

 

例えば、前回からの続きで日本とロンドンの時間を表示しているとしましょう。そこにニューヨークの時間も表示させたいとします。サマータイム時には、日本とニューヨークの時差は13時間です。ニューヨークの方が、日本より13時間遅れているため、ベゼルを13時間分だけ右にまわします。ちなみに24時間ベゼルのため、ベゼルを回転させる際には、1周で24時間と計算して使うようにしてください。

 

そうすると、3つの国と地域の時間を把握することができるのです。日本が14時の場合、長針と短針から、ロンドンの時間が6時であることが読み取れます。日本の時間が午後2時であるということはGMT針のみを24時間表記で見ることで把握できるようになっています。

ここにさらに、GMT針と24時間ベゼルを読みとることで、二ューヨークの時間が午前1時であることが分かるのです。

 

このようにGMTマスターⅡでは、3つの時間を把握することが可能になりました。世界1周旅行をする人は、自国と今いる国、そして次に渡航する場所の時間を把握することができます。ビジネスマンは、自国と今いる国、また別のビジネス国の時間を把握することができます。非常に便利な時計です。