ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

2016年バーゼルワールド発表 ロレックスエアキング Ref. 116900

2014年、ロレックスのオイスターパーペチュアル Ref.114200の文字盤から、Air-King のロゴが消えてしまったのは突然の出来事であり、ファンにとっては衝撃でありました。これにより、1940年代以来長い間ロレックスのコレクションを飾ってきたモデル名、いわゆるペットネームが何も告げられずに消滅したことになったのです。これについて、残念な気持ちを持たれた方も多くいらっしゃることと思います。

 

しかしその2年後、2016年、ロレックスは伝統となるAir-Kingをモデル名にしたプロフェッショナルウォッチを発表することとなります。それが、バーゼルワールド発表のエアキング Ref. 116900でした。

 

2016年バーゼルワールド発表 ロレックスエアキング Ref. 116900

 

ロレックスにおいて、1940年代から1950年代に確立され、21世紀に入るまで大切にはぐくまれてきたコレクションは数多くありますが、それをコンセプトから刷新した例はほかにありませんでした。新しいスティール素材のデイトナの登場に沸いた2016年のバーゼルワールドでありましたので、その陰に隠れてしまった感は少々残るものの、エアキングが刷新されたというのは一つの事件であり、画期的な革命であったに違いありません。

 

エアキングのコンセプトとして昨年のバーゼルワールドで発表されたのは、パイロットウォッチでした。

コクピットで発生する磁気にも影響を受けず、正確な時を刻むのが新しいエアキングです。ミルガウスと同じの直径40ミリ、軟鉄製インナーケースを備える904Lスティールケース、そして耐磁性能に優れたパラクロム・ブルー・へアスプリング搭載のキャリバー3131が採用されました。

ブレスレットについてもミルガウスと同様タイプのものが採用されましたが、中ゴマが鏡面仕上げであったミルガウスのブレスレットに対して、エアキングのものはサテン仕上げになっています。これが、微妙な差別化となっており、ファンの選択肢を広げてくれたという点では歓迎されたのではないでしょうか。

 

そして、何より注目されたのがダイヤルデザインでありました。ブラックダイヤルに黄色い王冠マークとグリーンのブランドロゴ、秒針、そしてエクスプローラーをほうふつとさせる12時位置のトライアングルと3、6、9のアワーマーカー、ホワイトゴールドフレームのメルセデスハンド、そして隙間を埋めるように5分刻みに置かれたミニッツマーカーがそのデザイン要素となっています。

このダイヤルデザインは、航空機用のジェットエンジンを使い、地上最高速となる時速1,000マイルを目標とする超音速カー開発プロジェクト、ブラッドハウンド プロジェクトのため、ロレックスが製作したコクピットクロックを範としたそうです。