ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

時計に採用される素材別特徴 厳選した素材のみを採用するロレックスは高価である

 

ここまでロレックスが高価である理由について考えてきましたが、今日は素材面からみていきたいと思います。高級ブランドで、金やプラチナなどの高級貴金属を多く採用している時計は、時価として売られていることがまれにあります。金相場のやすい時期に買えば、比較的手ごろに手に入れられるというわけですが、今ではステンレススチールが時計の素材として一般的に広く使用されるようになりました。

 

高級時計の素材

 

かつて、腕時計のケースは、スチールかゴールドが相場でした。しかし、加工が難しくあまり使われていなかった素材も、今の技術では取り扱いが簡単にできるようになり、時計のケースとして使用されるようになりました

 

腕時計は、その昔女性の装飾品でした。実用性が見いだされ男性用の時計が誕生する前のことです。その名残からか、現在でも貴金属を採用するケースも多くあり、ファッション界でゴールドが流行したことからも今でも多くのモデルがあります。そこから、ピンクゴールドも人気となり、イエローゴールドよりピンクゴールドとホワイトゴールドの価格が高いブランドもあります。

貴金属はプラチナが最高級で、ステンレススチールは、コストパフォーマンスの高い素材となっています。

では素材別にその特徴をご紹介しましょう。

 

ステンレススチールは、コストパフォーマンスが高く耐久性にも優れ近年広く採用されている素材です。さびないステンレス、スチールに10%のクロムが配合されてよりさびにくい貴金属となりました。

 

イエローゴールドは、75%の金に銀と銅を25%配合した合金で、ピンクゴールと比べると明るい色合いとなっており、ポピュラーなゴールドとして高い人気があります。

 

ピンクゴールドは、75%の金に、多めの銅と少なめの銀を配合し生み出された赤味あるゴールドで、ブラック文字盤との相性が良いとされています。特に女性に人気があります。

 

ホワイトゴールドは、75%の金に銅や亜鉛などのニッケル系と銀などのパラジウム形金属が配合されたもので、プラチナと見間違う色合いのものもあります。

 

プラチナは白い光沢を放つ耐久性に優れた貴金属です。科学的にも安定していることから、錆に強く、装飾品に多く用いられている高級金属です。

 

ロレックスでは、これらの中から高品質な素材のみを厳選しています。コストパフォーマンスが高いステンレススチールにおいても、錆がよりつかない最高級のものが選ばれます。デイトナやドレス系ウォッチでは、ゴールドやプラチナもよういされており、この妥協しない素材選びもロレックスが高価である理由のひとつとなっています。