ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

敢えてロレックスのオイスタークォーツを選ぶというチョイス

ロレックスはオイスター、パーペチュアル、デイトジャストと呼ばれる3大発明で、世界トップメーカーへと上り詰めてきたブランドです。

自動巻き式機構、パーペチュアルを開発し、それが時計業界のスタンダードとして確立されてきたことからも、ロレックスといえば、自動巻き式の時計というイメージも強いことと思います。

しかし、1970年代のクォーツショックの流れにとってロレックスからもいくつかクォーツ時計が発売されてきました。

限定でテスト的に発売されたベータクォーツ、ロレックスの代表的クォーツモデルのオイスタークォーツ、そしてドレスラインのチェリーニなどです。生産が終了しているものの、オイスタークォーツとチェリーニは現在でも中古市場で流通しており、クォーツロレックスを捜している人にとっては、とてもお勧めの選択肢となります。

 

敢えてロレックスのオイスタークォーツを選ぶというチョイス

 

先述のとおり、今ではロレックスといえば自動巻き式の時計というイメージは大変強いかと思います。かつて、実用性や利便性、高い精度を追求して開発されてきたクォーツ時計でありますが、今ではロレックスにとってはラインナップの中で陰に隠れた存在であるといえるでしょう。

ロレックスをチョイスする方の奥は、自動巻き式を当たり前に選択し、クォーツ式を選ぶという選択肢はなかなか選びにくかったのが現実なところです。しかし一方で、あえて流通量の少ないクォーツのロレックスを選ぶということは、ロレックスを持つ多くの人が持っているのとは違うロレックスのオーナーになれる、いわばひとつの個性を持てるチャンスになるということもできるのかもしれません。

オイスタークォーツの外装は特にエッジが聞いており、70年代独特に雰囲気があります。それが持つヴィンテージの奥ゆかしさは、現行品として製造されているものとは少し違います

また、短い期間しか生産されなかったというところも、オイスタークォーツが持つ一つのかちなのかもしれません。

高級時計は嗜好品としての側面をもっています。その点を重視する人にとっては、知る人ぞ知るクォーツモデルを持つということは、とても大きな満足感につながっていくことでしょう。

高級時計を求める方にとっては、この知る人ぞ知るというモデルを所有する満足感はとても高いと思います。

 

ロレックスのクォーツ時計の存在感について再認識していただけたでしょうか。入手が難しいこともありますが、特に中古市場では見かけることもありますので、目に入ったらぜひ一度手に取ってみていただきたいと思います。