ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

中古・アンティークロレックスのコンディション判別方法 ~文字盤~

ここまで中古のロレックスを購入するうえで注意したいことや、アンティークロレックスの魅力や条件などをご紹介してきましたが、いずれにせよコンディションを確認することがなによりも求められます。

しかし、お店でこれと思ったものを手に取ってみたところはいいものの、どこからどう確認すればコンディションを見ることができるのか、と悩むことも多いのではないかと思います。

お店の人に尋ねるのはもちろんですが、自分の目でもしっかりと確かめることができるように、簡単なコンディション判別方法を今日からご紹介していきたいと思います。

 

中古・アンティークロレックスのコンディション判別方法

 

中古やアンティークロレックスについては、かならず現物を見て、コンディション確認を行いましょう。

商品の状態に関する表現やその受け取り方は、店舗側と購入側とでは、もちろん微妙に差が生じます。そのため、電話で尋ねるだけや、写真をみるだけでそれを判断してしまうのは危険です。新品であれば性能に問題はないかと思いますが、中古の場合はよほど信頼のおけるお店でない限り必ず現物を見てから購入を決めるようにしてください。

実際に店舗に足を運び、店員さんに許可をもらい、ここからご紹介していくポイントをしっかりと目と手で確認しながらコンディションを確認することが大切です。

 

また、自分に合ったものを選ぶのも、新品を選ぶとき同様大切です。気に入ったものがあったら、店員さんから許可をもらって腕に実際に着けてみましょう。フィット感があるのか、自分の腕にあっているか、大きさ、装着感などを確認しましょう。また、革ベルトの試着はマナー的にNGになりますが、ブレスレットの時計であれば実際に手首にはめてみて、自分がつけた感じをどう感じるのかをみてみることが大切です。

では、パーツのチェックポイントを詳しくご紹介しましょう。

 

文字盤についてですが、装飾が劣化しているものや、色あせているものは避けたほうが無難でしょう。アンティークモデルで価値あるダイヤルの変色は例外ですが、文字盤の不具合があるものは、時刻を見る際の障害になってしまうので選ばないほうが良いと思います。

5年から10年で変色し、読み取りにくくなるといわれています。ダイヤモンドなど装飾がついているモデルについては、それらの宝石が外れてしまっていないかなどもしっかり観察しましょう。

 

では、次回からもチェックポイントについてパーツごとに詳しくご紹介していきます。