ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ヴィンテージロレックスの魅力 ~アンティークとヴィンテージ~

みなさんは、ロレックスの購入を考えるとき、いくつかのチョイスを挙げるかと思います。新品のロレックスを正規で購入するのか、もしくは中古品の中で良質なものを購入するのか、そしてアンティークやヴィンテージと呼ばれる時代のモデルを選ぶのかということです。

今日からは、このアンティークロレックス、ヴィンテージロレックスについて考えていきたいと思います。これらがもつ魅力や特徴について触れ、古い時代のロレックスの時計についてみてみましょう。

ヴィンテージロレックスの魅力 ~アンティークとヴィンテージ~

 

アンティークロレックス、ヴィンテージロレックスという言葉がありますが、これらの違いや境界を考えたことがあるでしょうか。アンティークロレックスとヴィンテージロレックスにはそのニュアンスに少し違いがあり、その言葉を使い分けてロレックスを表現している人も多いかと思います。例えば、ロレックスのエクスプローラーⅡ、型式1655はヴィンテージロレックスに値します。独特な雰囲気をもった外観は、時計ファンのみならず時計ツウではない人にもその魅力を伝えるものでしょう。

 

ここにロレックスのヴィンテージモデルが持つ魅力を上げるとすると、その独特な良い雰囲気、多様な個体差、また歴史をそこから感じ取ることができるという点でしょうか。 

アンティークロレックス、ヴィンテージロレックスという言葉の使い分けはそれでは一体何を基準としているのでしょうか。アンティークやヴィンテージという言葉に対して、なんとなくのイメージはお持ちでしょうが、具体的にどのモデルがアンティークで、どのモデルがヴィンテージなのかは漠然としたものでしょう。

どちらの言葉も一般的は古いものという意味ですが、時計についてはどちらかというとアンティークという言葉の方に馴染みがあり、よく耳にするかと思います。

 しかし近年では、最近、時計業界においてもヴィンテージという言葉が前より多く使われるようになってきました。時計の雑誌や時計店が出している企画などで、ヴィンテージというワードが頻繁に使われており、時計業界ではこの言葉が今トレンドでもあるのかもしれません。では、アンティークとヴィンテージという言葉の意味をあえて区別してみるとどういったことが見えてくるでしょうか。次回、ロレックスのアンティークとヴィンテージの意味を考えながら、ヴィンテージロレックスの魅力を掘り下げていきましょう。