ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660  市場での評価について

ロレックス シードゥエラー ディープシーは、1967年に発表されたモデルです。今日はそんなロレックス シードゥエラー ディープシーから、2014年に誕生したロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660 Dブルーを取り上げたいと思います。

 

ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660

 

ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660Dブルーは2014年に誕生していますが、黒文字盤については2008年にすでに発表されていました。ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660Dブルーは、ロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600と同じ2014年に発表されたのです。 ロレックス シードゥエラー ディープシーRef.116660 Dブルーが2014年に突如発表された理由については、黒文字盤があまり人気があがらず、そのテコ入れをするためだといわれています。

 

ではそのスペックについて早速見ていくことにいたしましょう。

 

ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660Dブルーは、ケース径が44mm、素材はステンレススチールを採用しています。防水性能は3900mにも上り、48時間のパワーリザーブを備えました。

2014年に定価1,180,000円で発表されたのです。

 

そんなロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660 Dブルーはどのように市場で評価されているのでしょうか。

ロレックスから、2014年8月に突如として発表されたロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660Dブルー、文字盤は映画監督のジェームスキャメロン氏が地球の最深部マリアナ海溝の底に到達した偉業をたたえるために作られたといわれています。 ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660 Dブルー文字盤は日常使用するには重く分厚いというのが黒文字盤と全く同じ点であります。スペックだけを追求して作成モデルであったものの、衝撃的な登場であったことからも発売当初人気が爆発し、プレミア価格がつけられました

 

 

今なおその人気がとどまることなくプレミア価格が続いています。廃盤したのではないかという噂もありましたが、ロレックス公式HPに今も掲載されているので健在です。

ロレックスでプレミア価格がついているモデルがそう多くはない中で、実用的ではないこのロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660Dブルーの人気は注目すべきところではないでしょうか。

 

中古市場でも品薄状態となっており、今後の動向も注目されています。