ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスGMTマスターについてー大ヒットのGMTマスターⅡの軌跡ー

GMTマスターは1954年誕生のロレックスを代表するモデルです。探検家のための時計、エクスプローラー、ダイビングのための時計サブマリーナに続いて登場しました。

GMTマスターは、24時間針、回転ベゼルを備え、2つの時間帯を表示してくれるという画期的な機能を持って生まれました。

 

ロレックスGMTマスターについてーGMTマスターⅡの購入をご検討中の方のためにー

 

GMTマスターは、昼夜を明確に区別するため赤色と青色のツートンカラーのベゼルを備えており、このユニークな外観は発売当時新鮮で、また衝撃的でした。

1960年代にはパンナム航空のパイロットウォッチに正式採用を受け、発売した当時から工区会社に採用されたとして大ヒットしました。

1983年には、GMTマスターが発売され、大きな変化は短針を単独で動かすことができるようになったことでしょうか。また、GMTマスターでは3つの時間帯を知ることができる機能も加わりました。

1990年に発売されたモデルからは、防水性能が50m100mにグレードアップ、プラスティック風防は、サファイアクリスタル製にチェンジされました。このRef.16700モデルは、1999年まで生産されました。

 

その後発売を受けたGMTマスター II Ref.16710)は、赤黒ベゼル、赤青ベゼル、黒ベゼルのラインナップがそろい、大ヒットを遂げました。今でも不動の人気を得ているこのモデルは、ロレックス社にオーバーホールに出すと、ベゼルを色違いに交換してもらうことができる点もファンから支持を集めています。

 

2007年には、Ref.116710LNが登場します。グイーンサブでも以前ご紹介しましたが、LNはフランス語でLunette Noir、黒いベゼルを意味します。ムーブメントCal.3186には、ブルーパラクロム製のヒゲゼンマイが採用されており、非常に耐久性に優れたものとなっています。衝撃や摩擦にも耐久性の高い、ファインセラミックベゼルも採用し、リューズが大きくなったのも特徴です。

 

また、ベゼルの中、3か所のところにピンを組み込みベゼルを回転させると1時間単位で止まる構造になっており、これは特許も取得されています。

GMT針にはロレックスのコーポレートカラーとなる緑が起用され、ブレスレットはステンレスの無垢素材が使われています。これにより、強度が増し、た、質感の改善も図られました。