ロレックス選び 機械式時計とクォーツ時計~クォーツのムーブメントとは?~ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス選び 機械式時計とクォーツ時計~クォーツのムーブメントとは?~

高級腕時計メーカーでは、大きく分けて機械式時計とクォーツ時計の2種類が製造されています。時計を購入するにあたっては、外観のデザインだけでなく、内部のムーブメントの違いなども考えながら時計を選ばなければなりません。

ロレックスのラインナップは機械式時計がほとんどですが、これまでクォーツモデルもいくつか製造されてきました。ロレックスの時計は、中古品などもほかのメーカーと比べて広く流通しているので、これまでロレックスで作られてきた時計に関しての知識を持っておくとよいでしょう。

 

機械式時計とは、ゼンマイを動力とする時計で、クォーツ時計は電池で動く時計ということになります。ではどちらが良いのでしょうか。

機械式時計とクォーツ時計にはそれぞれ個性があります。それぞれの特徴、メリット・デメリットについてご紹介してみたいと思いますので、ロレックス選びの参考にしていただければ幸いです。

 

ロレックス選び 機械式時計とクォーツ時計~クォーツのムーブメントとは?~

 

クォーツ時計とは、電池と電子回路で動く時計のことを言います。針が1秒ずつ進んでいくのが、クォーツ時計の特徴でしょう。耳を当ててみるとチッ,チッと1秒ごとに音が聞こえます。

 

現在、クォーツムーブメントを製造しているのは、スイスと日本のメーカーだけだといいます。クォーツ時計は、工場で大量生産されており、1個当たり原価は機械式時計に比べ大変安いといえます。数百円で手に入るクォーツムーブメントもあります。

 

クォーツムーブメントは、回路がダメになってしまうと、回路を交換する以外に修理する方法がないため、使い捨てと表現されることもあるでしょう。クォーツ時計は、持っても10年、日常的に大切に使っていても大体10年くらいで電子回路がダメになってしまいます。

 

高級時計メーカーの中には、電子回路の交換に対応してもらえるところもあります。しかし、交換する場合は数万円費用がかかることが多く、万が一修理不能となた場合は費用だけが無駄にかかったという結果になる場合がありますので、こういったことを考えると、新しい時計を購入する方が賢明でしょう。

 

現在の時計技術をもっておも、クォーツ時計は20年以上使い続けることはまずできないと考えてよいかと思います。

 

次回、機械式時計のムーブメントについて解説したいと思います。中古市場にも多くの時計が流通する、ロレックス選びの参考にしていただければ幸いです。