ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

誕生の背景

今や腕時計業界の王様的存在のロレックス。
世界中で知らない人はいないであろうこの名高いウォッチメゾンは、今年で創業110周年を迎えます。
ここでは、そんなロレックスの誕生の背景についてご紹介したいと思います。
ロレックスの始まりは、1905年ロンドンにて一人の青年、ハンス・ウィルスドルフが開いた時計の会社ウィルスドルフ&デイビス社でありました。
その当時、世間の時計の常識と言うとまだ懐中時計、という時代でした。
しかし創設者のハンス・ウィルスドルフ氏は時計の将来性を見据え、時計産業大国スイスのラ・ショー・ド・フォンに1907年、拠点を移します。
そこで腕時計の製造をスタートさせ、1908年に自社ブランドのロレックスを作ります。
1910年ロレックスは腕時計初のクロノメーター認定を受けるまでに成長しました。
当時は、腕時計は懐中時計に比べ非常に小ぶりであったことからも精度について疑問視されていました。
そんな時代にクロノメーター認定を受け、腕時計が持つ精度を確かなものにしたロレックスは、このことにより世界に広く知られることとなりました。
その後もロレックスは止まらず進化を続け、これまでに多くの腕時計を世に送り出してきたのでした。