ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスヨットマスター 高級感あふれるハイクラスのためのモデル

ロレックスのヨットマスターは、バカンスにヨットでクルージングを楽しむ富裕層をターゲットに作られたスポーツモデルです。

ヨットマスターが世に送り出されたのは1992年ですが、ロレックスの中でも唯一メンズからボーイズ、レディースサイズがラインナップしているモデルでもあります。

 

ロレックスヨットマスター 高級感あふれるハイクラスのためのモデル

 

ロレックスのヨットマスターは、ロレックスでも唯一メンズ、ボーイズ、レディースサイズがそろうということもあり、ペアで購入される方も多くいらっしゃるということです。高級感あふれるプラチナ製のダイヤルとベゼルがあるロレジウムモデルが高い人気です。

 

ヨットマスターのベゼルは、ヨット競技のタイム測定をイメージした両方向回転式ベゼルが採用されています。 ヨットマスターが発売された当初は、金無垢で人気がすぐに出たわけではありませんでした。1997年にはゴールドとステンレススチールのコンビモデルが出ましたが、これもあまりヒットとならず、特に日本では売り上げが伸び悩んでいたといいます。

しかし、逆転をもたらしたのが1999年登場のプラナチダイヤルとベゼルのロレジウムです。

ファンの間では、ロレジと略した相性がつけられ、赤の秒針と文字盤の「YACHT-MASTER」の赤文字が絶大な支持を受けるようになりました。このRef.16622モデルに採用されたムーブメントCal.3135は、ツインブリッジとなっています。

また後継機として、2007年に登場したヨットマスターⅡは、文字盤にカウントダウンタイマーが設置され、クロノグラフ仕様となっています。ラグジュアリー感がより増し、一般的な使い方では少しゴージャスすぎる印象があるかもしれません。

 

その後、2011年のバーゼルフェアにおいて、ステンレススチールと、エバーローズゴールドのコンビネーションモデルが発表されました。ロレジウムほど人気は伸びませんでしたが、ローズゴールドを支持するファンからは注目を受けました。

 

翌年の バーゼルフェアにおいては、青文字盤のロレジウムが登場しています。さわやかなイメージの青色が非常にインパクトを持っており、マリンスポーツを一目で連想させる印象に仕上がっています。

定価で100万円ということで、ハイクラスの人にとってはお手頃なモデルとなったのではないでしょうか。

 

ヨットマスターをつけて海辺でのバカンスを、誰もが憧れるロレックスの使い方かもしれませんね。