ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックススポーツモデル ~サブマリーナのルーツを振り返ろう~オイスターケースについて

ロレックス、という世界トップ時計メーカーは、スポーツモデル抜きには語ることができないというほど、性能高いスポーツウォッチの数々を作り出してきました。

 

ロレックスのスポーツモデルの歴史は1950年代にまでさかのぼります。この時代は、ロレックスが時計業界で確固たる地位を築き上げたころでもあるでしょう。

ロレックスのスポーツモデルといえば、真っ先にあげられるのがサブマリーナではないでしょうか。今もなお変わらずその魅力を持ち続ける、スポーツ系ウォッチコレクションのラインナップをご紹介していきます。

 

ロレックススポーツモデル ~サブマリーナのルーツを振り返ろう~オイスターケースについて

 

サブマリーナは、ロレックスで通称サブと呼ばれる、ダイバーズウォッチの先駆者的存在のモデルです。これまで世界中で、圧倒的な支持を獲得してきました。

サブマリーナには、ダイビングに欠かせない高い防水性、高い視認性のダイヤル、逆回転防止機能付きのベゼルなどの機能が完璧についており、そのスタイルは長きにわたって変わることなく、トップモデルとして君臨してきました。

 

ロレックスの防水性能というと、イコールに等しいのがオイスターケースです。

20世紀初頭、腕時計は市民権を獲得しつつありました。そんな時代、スイスの時計メーカーとしては遅咲きとなる1905年、ロレックスは誕生しました。

創業者はハンス・ウィルスドルフです。彼は、ロレックスを新参者だからこそできることを積極的に行うことで、歴史ある老舗メーカーとの戦略を明確に打ち立て、成功へと導きました。彼の、探求心とたぐいまれなる発想力こそ、ロレックスを世界トップメーカーへとのし上げたのでした。

 

創業者のハンス・ウィルスドルフは、スイスの老舗時計メーカーの数々が腕時計の精度や装飾に注力し探求していたころ、いち早く耐久性や防水性といったところに観点を映し自社の製品を研究していました。

耐久性、防水性が時計には現在不可欠であり当然のこととなっていますが、その当時ロレックス以外のメーカーはこの点について考えもしなかったのです。これは、当時画期的なアイディアとして革命を起こしました。 その中でも、ロレックスの3大発明の一つに数えられるオイスターケースは、完全防水を実現させた耐久性に優れた時計ケースでした。これは、1926年スイスのジュネーブやイギリスのロンドンで特許を取得しています。

 

オイスターケースは、無垢の金属塊から割り出して作られたケースに、ねじ込み式リューズを搭載したもので、これにより水の侵入、ほこりの侵入を予防し非常に耐久性に優れたものが完成したのです