ロレックスエクスプローラーシリーズの購入をご検討中の方のために -エクスプローラーⅡのご紹介― | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスエクスプローラーシリーズの購入をご検討中の方のために -エクスプローラーⅡのご紹介―

ここまでロレックスエクスプローラーⅠについてご紹介してきましたが、それと全く違うコンセプトの下、さらに進化を遂げて作られたエクスプローラーⅡについて今日からご紹介したいと思います。

エクスプローラーⅠを検討されている方は、エクスプローラーⅡが後継機かと思われることもあるようですが、全く違う魅力を持っているので、エクスプローラーⅡについてもぜひ一度検討のうちに入れられてみてはいかがでしょうか。

 

ロレックスエクスプローラーシリーズの購入をご検討中の方のために -エクスプローラーⅡのご紹介―

 

エクスプローラーⅡは1972年にロレックスから発表されました。

エクスプローラーⅠと同じ名前、後継機のように思われることもありますが、エクスプローラーⅡはエクスプローラーⅠとは全く違うコンセプトのもと作り出された時計です。エクスプローラーⅠは探検家が山などにいく環境を想定して作られたものでありました。一方で、エクスプローラーⅡは洞窟探検家をイメージして作られたものなのです

洞窟の中での探検は、光がさえぎられるため、昼と夜の区別をすることが困難になります。ここまで考慮して作られているのが、エクスプローラーⅡなのです。

 

では具体的に機能についてご紹介していきましょう。

エクスプローラーⅡは、デイト表示機能に加え、24時間針、24時間表示を行うベゼルによってGMT機能がついているといったように、厳しい環境の中でもしっかりとその役割を果たすように設計されているモデルです。

 

昼夜の区別がつきにくい状況の中では、24時間針、24時間表示のベゼルが非常に役に立ちます。24時間表示でなければ、例えば3時と表示された場合昼の3時なのか夜中の3時なのかの区別をすることができません。

そういった意味で、洞窟で探検を行う人のためを考えた設計になっているのです。

 

エクスプローラーⅡは、1978年にラインホルト・メスナーがエベレストにて無酸素登頂を達成したときに身に着けていたということで広く知られるようになりました。しかし、その際デイトジャストのクォーツモデルをつけていたといわれることもあり、そこは謎に包まれています。

その当時、クォーツ時計が機械式時計より売れていたということもありますし、精度や防水性、耐磁性などを考慮してもクォーツ時計の機能は高かったので、この説も一理あるかもしれませんね。

 

次回もロレックスエクスプローラーⅡについてご紹介を続けます。