ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスを高額買取につなげる事前準備は?コツやポイント 8 -並行輸入品を売る-

ロレックスをできるだけ高く買い取ってもらうためには、コツやポイントをおさえておきましょう。

事前準備やすぐにできることをご紹介しています。前回は、ロレックスの時計の需要が高まるタイミングで売るというコツや、買い替え・下取りを利用して高く売るコツをご紹介しました。

 

買い替えを理由に、下取りサービスを利用する場合は、高い価格で買い取ってくれるお店を多く探すというよりは、3店舗くらいに絞ったうえで、この時計を買いたいので今のロレックスを下取りしてほしいという交渉を行ったほうがお得です。中古価格については、そのお店ごとの裁量で決められている部分が大きいので、新品より価格交渉がしやすいという特徴をもっています。お店によっては、1割から2割くらい価格に差がでることがあります。

新品にこだわるというのでないなら、次のチョイスに中古品を選ぶと、下取りの価格と一緒に交渉の余地を広げることができるでしょう。新品であればかなり高額なモデルも、意外にあまり差額を出さずに購入することができるかもしれません。

 

では今日も、ロレックスを高額査定につなげるコツをご紹介したいと思います。

 

ロレックスを高額査定につなげるコツ

 

実は、高級腕時計は正規品の方が並行輸入のものより高い査定額がでるイメージが強いですが、実際並行品の方が正規品より買い取り価格が高くなります。正規品でも並行品でも、もちろん本物のロレックスである限り時計としてなんの品質の違いもありません。

しかし、流通ルートを考慮すると、日本ロレックスから仕入れている正規品の方が格上に感じるでしょう。 そのため、買い取りの査定額も正規品の方が並行輸入品より高い価格がつけられるかと思いきや、全く逆で並行輸入品として購入したロレックスの方が査定額が高くなることが一般的なのです。

その理由は、保証書です。正規品も並行品も、時計の品質自体は同じですが、ロレックスのような高級品であれば保障期限を過ぎていたとしても、保証書は価値を証明するうえで重要な役割となり、またコレクターズアイテムの一つにもなります。

正規品は、新品で初めに購入された日本人の名前が保証書に記載されており、個人情報保護のため法律で転売する際にここを塗りつぶすことになっています。お店側は買い取ったロレックスの正規品を中古品として販売しますが、転売するときに名前を塗りつぶさなければならないので、それに抵抗を感じる人が多く、価値が結果として落ちてしまうのです。