ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスを長持ちさせるために -エスケープガスバルブとは?ー

ロレックスといえば、高い防水性能を持ったダイバーズウォッチが魅力です。防水時計は潜水用と非潜水用の2種類に大別されます。潜水用防水時計に分類されるものの一部には、エスケープガスバルブという機構が採用されています。

ロレックスにも採用される、エスケープガスバルブとはいったい何でしょうか。ロレックスの時計を長持ちさせるためにも、ロレックスが誇る防水性能について知りましょう。今日はエスケープガスバルブについて解説します。

 

エスケープガスバルブとは?

 

エスケープガスバルブとは、飽和潜水時にヘリウムのガスを抜く機構を意味します。深海での作業時など、一部の職業に就く人のためであり、一般人は通常使うものではありませんが、意味を知らずに操作してしまうと、防水性能の機構を劣化させてしまうことがあるので、きちんと知識をつけておくことをお勧めします。

例えば、100mの深海に私たちが行くことがあった場合、潜水病の危険性があります。そこで飽和潜水と呼ばれる技術が開発され、それによって安全に長時間深海に滞在することができるようになりました。その飽和潜水には、窒素中毒を避けるため、呼吸にヘリウムを使用した混合ガスが使われます。そのヘリウムは、時計の防水機構を越え、時計の内部にまで浸入します。ひと昔前までは、深海へ潜水時に時計を使った場合、時計の内部ある残留ヘリウムが、地上にあがるときの減圧時に、膨張してしまい時計を故障させてしまうという事故が多く発生してしまいました。そこで、その対策としてヘリウムガスを抜く、エスケープガスバルブが開発されたのです。

このエスケープガスバルブには種類があり、ロレックスに採用されるような「自動式」のガス抜き構造や、「手動式」のものもあります。ロレックスが採用している自動式は、操作する必要は特にありませんが、手動は操作が必要となります。深海から地上に上がるときに、ねじ込まれた手動エスケープガスバルブを緩め、解除することになります。

防水時計に採用されているねじ込み式のリューズと操作はそう変わらずシンプルなものになります。

エスケープガスバルブは水中ではなくタンク内で使用するため、解除時は高い防水性が必要ないということが、ここでポイントになるといえます。つまり、エスケープガスバルブを解除するときは、防水性が弱くなっているということを知識として持っておいた方がよいでしょう。もし、手動式のバルブを解除したままにしてしまうと、生活防水レベルにまで下がり水が浸入してしまうので注意してください。