ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスを購入するなら正規品?並行輸入品?

ここまでロレックスの正規品と並行輸入品について、それぞれの特徴やメリット・デメリットを述べてきましたが、実際にロレックスを購入する場合どちらを選択するのが良いのでしょうか。

 

ロレックスを購入するなら正規品?並行輸入品?

 

ロレックスは、並行輸入品への並行差別がなく、正規品、並行輸入品問わず同じ価格でオーバーホールをしてもらうことができます。

例えば、新品で購入したものではなく、質屋などで中古として購入したロレックスでも、本物に間違いなければ、ほかのものと平等にロレックスでは修理をしてもらうことができるのです。

ロレックスのこうした修理・オーバーホールに関する対応については、ロレックスユーザーにとってとても良心的であり、メーカーの中でも特別な存在となっています。

 

ロレックスで正規品を購入したとすると、日本ロレックス正規品を手に入れた裏蓋の緑のシールを獲得できることや、 ギャランティカードに購入者の個人名が記載されることなどがメリットでしょうか。

しかし、裏蓋にシールを貼ったまま使ってしまうと錆びを引き起こす可能性があるので、使用時にはがしてもらうようロレックスでは呼びかけています。

 

ロレックスが発行しているギャランティカードに個人名を記載してもらえるということについては、買い取りに出すことがあるとするとこれがマイナス査定の要素になる可能性が考えられます。

なぜかというと再販するときに、ロレックスを買い取ったお店が、個人情報保護のため、ャランティカードの個人名を見えないように塗ってロレックスを販売しなければならなくなります。

 

一方で並行輸入品のギャランティカードについては、オーナーの名前は書かれておらずスタンプのみが押されています。

正規品は並行輸入品に比べギャランティカードを付属品とみなすことなく、マイナス査定の要因になる可能性が高いのです。

 

つまり、正規品のメリットはあまり将来的に役に立たないので、価格や安いこと、買取してもらう時に有利になる可能性が高いことなどを考えると並行輸入品のほうがロレックス購入にはメリットがあるのかもしれません。

 

しかし大前提となるのは、並行輸入品は偽物が紛れ込んでいる可能性があることから、必ず信頼のおけるお店で本物であるときちんと証明されているロレックスを購入しなければならないということです

本物を並行輸入品で安く、安心して購入することができれば、とてもお得なロレックスの買い物が実現するかと思います。