ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスを買い取ってくれるお店 形態③ -リサイクルショップー

いざロレックスを売却したいと思ったとき、事前準備がいろいろと必要になりますが、いったいどういったお店に買い取ってもらえばよいのでしょうか。

ここでは形態別にその特徴やメリットをご紹介しています。ここまで買い取り専門店と質屋についてご紹介しました。

 

質屋については、質預けならロレックスを売らなくても、融資を受けることができるというメリットもあります。質預けは、質屋の独特の特徴です。値打ちあるものを担保に、質付を受ける方法です。質付を受けても、一定期間内は利息を含んだ質料を返すことで預けた品は返却してもらうことができるのです。お金が急に必要になったけれど、その品物は売りたくないというときに便利な方法です。

この質預けでは買取と同じく、その品を査定して評価金額かその一部を借りることができます。利息を加えた金額を返却しなければなりませんが、それと交換として品物を返してもらえます。ロレックスももちろん対象になりますが、期間内に返済できないと質流れになってしまうので気をつけましょう。

 

ちなみに、質屋は個人経営のお店が多いので新しいモデルや、アンティークのレアモデルについては適正に査定されない場合もあります。鑑定が難しいアンティーク時計については、買い取りしてもらえない場合もありますので注意しましょう。時計専門の知識をもたない質屋にとっては、精巧なコピーモデルであるかもしれないと判断が難しく、偽物を買い取ってしあうと損失が大きくなってしまいます。そのため、確信を持てないモデルは買い取りしてくれないのです。

買い取りできる場合も、手巻きのデイトナなどレアモデルは、査定額が適正にでないこともあります。レアモデルやアンティーク時計などの売却は、時計専門店にお願いするのが無難でしょう。

 

リサイクルショップでの買い取りについて

 

別の形態としてリサイクルショップについてご紹介していきましょう。

 

リサイクルショップには、各種ブランド品から家電・家具などを幅広く買い取ってくれるお店が挙げられます。繁華街には、街中から太い道路沿いなど数多くのリサイクルショップがあります。間口が広く気軽に出入りできるので、買い取り初心者の方にも利用しやすいというのがメリットでしょうか。一方で、買い取り商品が幅広いので、腕時計に特化した知識を持っていない場合もあり、古くなっている時計は買取を拒否されることもあります。

 

次回、リサイクルショップの特徴についてより詳しくお話していきます。