ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスを海で使った後の洗い方 注意してみてほしいパーツと洗浄方法

夏真っ盛りで海のシーズンですが、ロレックスは海でも活躍します。しかし、海で使った後は、しっかりと洗うことが大切です。

 

海でロレックスを使った後、時計本体やブレスレットに塩分や雑菌が大量に付着しています。そのまま放置は絶対に禁物です。真水で海水を洗い流しましょう。海に入った後シャワーを浴びるかと思いますがそのついでに洗ったり、水道に時計を当てて洗うのは避け、洗面器にためた水などで洗うようにしてください

 

水圧の高い水で洗うと時計内部に水が入ってしまいます。洗面器の水で、ブレスレットやリューズの隙間など、砂やごみが入り込んでいるところを入念にお掃除してください。前回ご紹介したように、歯ブラシなどをつかって取り除いてあげるのも効果的でしょう。

最後は、乾いた布で水分を取り除き、高温多湿・直射日光を避けて自然乾燥させてください。

 

ロレックスを海で使った後に注意してみてほしいパーツと洗い方

 

特に回転ベゼルは隙間があり、汚れがたまります。塩分なども残りますので注意深くケアしましょう。洗面器の水に浸した時に、上から回転ベゼルを少しプッシュしながら回します。そうすると自然に汚れがとれるでしょう。

挟まった挨やチリは爪楊枝で取り除いてください。引っかかったり、内側でジョリっと音がした場合は、砂や小石が中に入り損傷させてしまう可能性があるので、修理にもっていかなければいけなくなるかもしれません。無理に操作するのだけは避けましょう。

 

詳しい洗い方についてですが、リューズやプッシュボタンがねじ込み式なら、事前にチェックしておいてください。開放されてる場合は、防水性を発揮できなくなってしまっています。水の中で押すのは厳禁です。特殊モデル以外は時計は水中でプッシュボタン操作できません。押してしまうと確実に浸水します。

 

ブレスレットのコマの隙間には皮脂が入り込みやすくなっているので、ブレスレットを洗うときは片方の手でもって1コマずつ丁寧に歯ブラシで洗いましょう。ケースサイドについても、 リューズ側だけでなく、エンドピースの裏蓋も隙間を開いてブラッシングしてください。裏蓋に装飾が入っている場合は、ブラシで傷をつけないように注意しながら、汚れを残さないよう丁寧に掃除します。

 

ロレックスのケースの中に真水が入ってしまった場合は、数日以内に修理に出してもまだ間に合いますが、海水がケースや風防内に侵入してしまった場合時間との勝負になってしまいます。1日足らずでムーブメントがさびてしまう可能性がありますので、乾いたタオルに包み空気に触れさせないようにしながら、できるだけ早く修理にもっていくようにしましょう。