ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスを売却する前にお手入れを忘れないこと

手放すなら買い取ってもらおうという軽い気持ちでロレックスを買い取りに出すにしても、オークションで売るにしても、できるだけ高値が付けばと思うのは当然のことでしょう。

高くロレックスを売るために、一番簡単にできることは売却前のお手入れかと思います。ついつい忘れがちになることもあるかもしれませんが、一般的な買取店で買い取ってもらう場合も、オークションに出す場合もできるだけきれいな状態でロレックスを引き渡すようにしましょう。オークションでは、出品記事を作成する際に写真を掲載するかと思いますが、写真を撮影する前にクリーニングしておくことをお勧めします。

 

ロレックスを売却する前にお手入れを忘れないこと

 

ロレックスを買い取りに出す際や、オークションに出品するなどにあたってはついついクリーニングを忘れがちになってしまいます。もう自分で使わないロレックスをわざわざきれいにするのも面倒に思いますが、できるだけきれいな状態に保っておくことでロレックスを高く買い取ってもらえる可能性が出てくるでしょう。

 

きれいにお手入れされた状態のロレックスのほうが、お店で売る場合は買取査定をしてくれる鑑定士の印象が良くなるといえます。オークションに出品する場合は写真写りがきれいになるでしょう。

 

かといって、わざわざお金をかけてお店でクリーニングしてもらう必要はありません。お手入れの方法については、時計のベゼルや竜頭の周り、時計本体とブレスの連結したパーツ、ブレスレットやバックルの裏など汚れがたまっているところを、自宅にある中性洗剤とブラシなどを使って洗っておくのが有効です。お金をかけずに自宅でできるクリーニングを行っておくだけでかなり買い取り額に差がでることと思います。

 

ちなみに、せっかく売るためにお掃除をするのに故障させてしまっては元も子もありませんのでご注意ください。竜頭がしっかり締まっていないと時計内部が浸水してしまう可能性があります。

また、ロレックスについてはどのモデルも高い防水性能を持ち合わせているというのが基本ですが、5年以上オーバーホールに出していない時計などについては裏蓋や竜頭のパッキンが劣化していることも考えられますので、水を使ってクリーニングする場合慎重に作業を行いましょう。

 

クリーニングして故障させてしまうことに不安がある方は、乾いた布できれいに表面を拭くといった基本のお手入れを行いましょう。