ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスを使う上で日常的に気を付けていただきたいこと

ロレックスを購入したらすぐに裏蓋に貼ってある保護シールを外しましょう。保護シールを付けたままつかっている人もいるようですが、その状態で使い続けると汗が保護シールと裏蓋の隙間に入り、水分がたまってしまう危険性があります。

そうなると、水分が原因でそこから錆が発生してしまうこともあります。時計が店頭に並んでいる間の保護だけ目的で貼られていますので、もったいないようにも思いますが保護シールは使う前に必ずはがしましょう。保護シールが貼られていないからと言って、将来的に売りたいと考えている場合の査定額がマイナスになってしまうということもないので安心してください。そのまま貼って使っていたほうが劣化が起こりマイナス査定になってしまいます。

 

では今日はそのほか、日常的な使い方や日々気を付けていただきたいことについてご紹介していきます。

 

ロレックスを使う上で日常的に気を付けていただきたいこと

 

まず、クロノグラフは基本的には常時動かさないものととらえ、必要な時にだけ作動させるようにしましょう。それを前提にクロノグラフは作られていますので、長期間動かし続けてしまうと、ムーブメント内のクロノグラフ機構に余計な負荷かかかってしまいます。これが部品を消耗させてしまう原因になりますので注意しなければなりません。

ロレックスは高級時計です。メンテナンスにもそれなりに費用がかかりますので、部品を長持ちさせてメンテナンス費用を抑えたいという人は、必要な時だけ使うということを徹底しましょう。

 

またしばらくの間使っていなかったロレックスは止まったままになっていますが、久しぶりに使うときに時計を大げさに振って巻き上げてつかうのはNGです。激しい振動が加わるとローター軸に大幅な負担がかかってしまい、正しく回転できなくなってしまうかもしれません。

時計を振ってゼンマイを巻き上げるような光景はよくテレビなどでみかけるのかもしれませんが、この力はリューズの巻き上げの力と比較してかなり低いといえます。止まった自動巻きはリューズで巻き上げる、これを徹底しましょう。

 

ロレックスは3年から5年のオーバーホールが推奨されています。この期間を超えてもオーバーホールに出さなければ、油が古くなり油切れになってしまう可能性もあります。そのまま使い続けていると、内部の部品が損傷してしまいますので、精度の悪化が見られない場合でも、期間内にオーバーホールに出すように心がけていきましょう