ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスも乗った波 クォーツショックとは? ~機械式とクォーツの違いを知るためにもおさえておきたい時計の歴史~

ここまでロレックスの機械式時計を持つメリットとデメリット、そしてクォーツ時計を持つメリットとデメリットについてそれぞれの特徴を踏まえながらご紹介してきました。

ロレックスもクォーツショックの波に乗って、クォーツモデルを製造してきた経験があるとお話しましたが、ここでクォーツショックなどの時計の歴史を少しお話しておきたいと思います。

クォーツ時計と機械式時計の違いを知るためにも、知っておきたい時計の歴史についてです。

 

ロレックスも乗った波 クォーツショックとは? ~機械式とクォーツの違いを知るためにもおさえておきたい時計の歴史~

 

ロレックスも製造経験があるクォーツ時計ですが、これは1969年に初めて日本の時計メーカーであるセイコーによって作られたクォーツ式ムーブメントから始まりました。1969年に日本のセイコーは、時計業界で初となるクォーツ時計の実用化に成功したのです。

 

腕時計というと、それまでは機械式時計が主流でした。人の手作業で組み立てられ、ゼンマイで動く時計はそれまでの時計の長い歴史を刻んできたのです。しかし、クォーツの驚異的な精度、また大量生産が可能なことから、クォーツ時計が世界的に流通するようになり、スイスの高級時計メーカーは次々に倒産へと追いやられてしまったのです。

こうした事態を、時計業界ではクォーツショックと呼んでいます。

 

クォーツ時計が台頭した1970年代でしたが、1980年代以降はクォーツ時計は量産によって価格低下が進み、それによって機械式時計が持つ芸術性、またステイタス性に改めて注目が集まるようになったのです。 そして、機械式時計復興の時代がやってきます。

 

日本ではバブル期以降、ロレックスが不動の人気メーカーとなり、現在もトップメーカーとして知られています。

現在、機械式時計は完全復権となっており、時計メーカーはそれぞれグループに統合・吸収合併などを繰り返しグループを形成しているところがほとんどです。

ロレックスは、他メーカーとは違い単独メーカーとして時計製造を行っているという点も、他メーカーを追随させないロレックスの魅力でしょう

 

代表的なグループに、オメガ・ロンジンなどのスウォッチグループ、パネライ、モンブランなどのリシュモングループなどがありますが、時計の製造販売を国際展開していくにはロレックスという特殊な立場にあるメーカー以外は難しいというのが現状でしょう

 

ただ、機械式時計の価格高騰は近年さらに加速を見せています。ここ10年で2倍になったメーカーもありますので、今後時計業界の状態はまた変わるかもしれません。