ロレックスもオーバーホールが必要なの?―機械式時計のオーバーホールの必要性についてー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスもオーバーホールが必要なの?―機械式時計のオーバーホールの必要性についてー

ロレックスを購入するにあたっては、買って最後ではなく、その後の維持費やメンテナンスについて知っておかなければなりません。買って喜んで終わり、ではなくその後も使い続けていくためにはやらなければならないことが様々あるのです。

それが、定期的なオーバーホールです。オーバーホールとは、簡単に言うと時計の点検や修理です。オーバーホールを受け付けてくれるお店やロレックス社などに依頼し、時計を分解してもらってどこか悪いところはないか、ある場合は部品交換や修理などを行ってもらうものです。

 

機械式時計のオーバーホールは、動かなくなってからと言われることもありますが、例えば悪いところが見当たらなくても3年に1度依頼するというのが基本となっています。しかし、ロレックスは高性能を誇るため、最近は5年に1度で良いともいわれています。

 

オーバーホールには費用が掛かりますので、ロレックスを購入するにあたってそれも見積もりに入れておかなければなりません。依頼先については、一般の時計店の方がよいのかメーカーが良いのかなど悩むところもあるかと思いますが、今日はオーバーホールの必要性についてお話します。

 

ロレックスもオーバーホールが必要なの?―機械式時計のオーバーホールの必要性についてー

 

そもそも、高性能を誇るというのになぜロレックスにオーバーホールが必要なのだろうという意見があるかもしれません。それは、例えロレックスの時計であっても、機械式時計であるからです。

時計には電池で動くクォーツ時計と、ぜんまいを動力とする機械式時計があります。

 

クオーツ時計は電池交換をしてもらう時に、信頼できる時計屋さんにお願いすると性能のチェックもしてもらえるでしょう。しかし、機械式時計は電池交換の必要がないため、オーバーホールにわざわざ出さなければチェックしてもらう機会がありません。非常に精密機械であるぜんまいなどは、定期的に点検を行わないと、そのうち不具合が発生するという事態が避けられません。

例えば、潤滑油が乾燥し、パーツが摩耗してしまったり、水の侵入を防ぐゴムパッキンが乾燥してしまうことで防水性が低下してしまったりします。

オーバーホールでは、時計の各部品を分解・洗浄し、組立、パーツ交換、注油、調整などのオーバーホールを行い、時計がその後もトラブルなく使える様に点検してもらうことになります。

こういったことから、例えば性能高いロレックスでも定期的なオーバーホールが必要というわけです。