ロレックスもこれまでに製造経験あり クォーツ時計のメリットとは? | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスもこれまでに製造経験あり クォーツ時計のメリットとは?

時計業界では1970年代にクォーツショックと呼ばれる時代を迎えました。それまで圧倒的に時計市場のシェアを占めていた機械式時計に代わって、クォーツ時計が台頭してきたのでした。

丈夫で安く、大量生産が可能なクォーツ時計が広く普及し、多くの高級機械式時計メーカーもクォーツショックの波に乗りクォーツ時計の生産に踏み切りました。

しかし電池で動く時計が、人の汗と涙の結晶として生み出されるゼンマイで動く時計に完全に勝てたわけではなくやがてまた機械式時計復興の時代がやってきました。今は高級時計イコール機械式時計という方式が定着しているでしょう。

 

ロレックスもクォーツショックの波にのったメーカーとして、例外ではありませんでした。完全にクォーツ時計に頼り切ったかというとそうではありませんが、多少クォーツ時計流行の波にのりいくつかのモデルもこれまで発表してきました。

 電池で動くクォーツ式時計のメリットとはどこにあるのでしょうか。

 

ロレックスもこれまでに製造経験あり クォーツ時計のメリットとは?

 

クォーツ時計は、機械式時計に比べて安く手に入るということ、そして衝撃などには強く丈夫であること、さらには維持費としてメンテナンスにかかるコストなどが安いということがメリットとしてあげられるかと思います。

 

高級時計メーカーのクォーツ時計もあれば、ノンブランドの時計は1000円ほどで購入できますが、機械式時計と比べると基本的に大変格安であるといえます。

例えば、クォーツ時計と機械式時計の両方を販売しているメーカーでは、同じシリーズでもクォーツモデルが機械式モデルの半額ほどの価格設定になっているでしょう。

精度も高く、1000円の時計でも月差は±20秒くらいしか誤差として生じてこないかと思います。日差±10秒が基本の機械式時計と比べると、圧倒的な精度の高さを誇ることがお分かりいただけるかと思います。

機械式は2mの高さから落下してしまうと故障は避けられませんが、クォーツはそれくらいの衝撃で壊れることはほぼありません。

 

またメンテナンスにかかる費用については、クォーツ時計のほうが随分と割安になるでしょう。機械式時計は、最低3年から5年の間にオーバーホールに出すことになりますので故障していなくても数万円費用が必要になります。一方でクォーツ時計は、5年に1度電池交換する程度で数千円程度の費用で済むため、圧倒的に維持費は安くなるのです。