ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスもこれまでに製造経験あり クォーツ時計のデメリットとは?

ロレックスも1970年代に起こったクォーツショックの波に乗り、クォーツ時計を開発した例外ならぬメーカーです。クォーツ時計は、現在高級時計として主流である機械式時計がゼンマイを動力として動いているのに対し、電池で動く時計です。チッチッと1秒刻むごとに音がなるのが特徴です。

 

クォーツ時計は、高級時計メーカーで製造されているものもあれば、数千円程度で購入することができるものもあります。高級時計メーカーのものであっても機械式モデルに比べ約半額と大変手ごろに購入することができるのはうれしい点です。

また精度についても、ゼンマイ式の機械式時計より非常に高いレベルを保ちます。機械式時計は、日差±10秒というのが一般的ですが、クォーツ時計は1か月に20秒くらいの誤差が生じる程度ですので比較すると精度の高さがお分かりいただけるでしょう。

落下やぶつけてしまうなどの衝撃にも強く、1メートルや2メートルくらいのところから落下させてしまう程度であれば壊れることはほどんどないかと思います。

 

このようにクォーツ時計にも大きなメリットがたくさんあります。しかしそれと同時にデメリットもあります。

ロレックスはこれまで少ししかクォーツ時計を作ってこなかったので、中古市場でもなかなか手に入らないものばかりかと思います。しかし、ロレックスのオイスタークォーツなどクォーツ時計を持っている方、これから持とうとされる方のためにデメリットも紹介しておきたいと思います。

 

ロレックスもこれまでに製造経験あり クォーツ時計のデメリットとは?

 

クォーツ時計にはデメリットもあります。 それは時計の寿命が短いことでしょうか

機械式時計は、何十年とオーバーホールさえ怠らなければ、長きにわたって使い続けていくことができます。むしろ一生腕のパートナーとして愛用し続けることさえできるでしょう。お子様、お孫様に財産として相続していける資産価値も持っています。

その一方で、クォーツ時計は持って10年、20年以上動くことはほぼありません

電子回路が10年程度で寿命が来てしまうからです。回路交換などを行うと対応することができる場合もありますが、修理費用を払うのであれば手ごろに手に入る新しい時計を購入されるほうが賢明でしょう。

 

また、クォーツ時計は機械式時計のように、高級時計を持つロマンや面白みは少ないかもしれません。

個性を時計に求めたい方、また時計に手作りのロマンを感じたい方は機械式時計の購入をお勧めします。