ロレックスは購入したときよりも高く売れることがあるのか? | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスは購入したときよりも高く売れることがあるのか?

ここまでロレックスが時計メーカーの中でも、例外に買取市場で高値で取引される理由を3つに分けてご紹介してきました。では、ロレックスは購入したときよりも高く売れることがあるのでしょうか。

 

ロレックスは購入したときよりも高く売れることがあるのか

 

ロレックスは中古市場も確立されていることから、高く買い取ってもらえるブランドで、ほかのメーカーと比べて資産価値も圧倒的です。

 

 

その中でも、デイトナのRef.116520はプレミア品と言われており、正規価格が1,242,000円でありますが、それより並行価格のほうが高い状態が続いています。こういった背景から、売るお店によっては買った時より高く売ることができる場合もあります。

 

しかし現状、デイトナが正規店で販売されていること自体が大変珍しい状態が続いており、並行品のほうが高額ながら、買取金額がそれと同じにならないのはいうまでもありません。お店によって高く売れない場合もありますのでご注意ください。

 

品薄状態で高額なデイトナも、かつてはそうではありませんでした。そんな時代に購入したデイトナであれば買取価格はどうなるでしょう。保存状態の良いものであれば、購入した時より高額で売れる可能性が十分あるといってもよいでしょう。同じデイトナRef.116520でも定価自体が上がっているので、さらなるプレミアがつくかもしれません。

 

 

デイトナ以外のモデルでも、プレミアがつくものは一気に買取価格が跳ね上がります。例えば、エクスプローラー2のファーストモデルRef.1655については、1975年の正規価格が23万円でありましたが、現在の相場は150万超を超えます。1975年発売のミルガウスRef.1019は正規価格が255,000円ですが、現在は相場が300万円近くになっています。このようにプレミア価格がつくモデルは高く売れるでしょう。

 

しかし、基本は購入した時点から価格は下がっていきます。ほとんどのモデルは買った時より高く売れないと思っておいたほうがよいでしょう。

1975年当時に比べると、ロレックスの流通量は増えています。しかし、それでもロレックスの買取価格はほかのメーカーに比べても断トツに高くなっているのは否めません。

 

 

ここまでご紹介してきたように、世界的にみても希少価値が高いこと、実用性が高いこと、長く使える耐久性と信頼をもっていること、これらがロレックスが中古・買取市場でも高く売れる理由として挙げられます。

 

買取を将来考えている人は、時計を買うならロレックスを選ぶことで後悔のない資産運用ができるのではないでしょうか。