ロレックスは保管場所を決めておく! 家の中にも故障の原因がいっぱい? | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスは保管場所を決めておく! 家の中にも故障の原因がいっぱい?

ロレックスは耐久性に優れていますが、それでもやはり精密な機械式時計、磁気や水分には注意しなければなりません。

特に、外した時に置いておく場所を決めておかなければ、うっかりが原因で故障につながるということも十分にあり得ますのでご注意ください。

 

ロレックスの保管場所について、故障の原因となるものについてご紹介します。

 

ロレックスは保管場所を決めておく! 家の中にも故障の原因がいっぱい?

 

ロレックスも精密機械です。磁気や水分には十分注意しなければなりません。

家の中にあるもので、ロレックスに危険を及ぼすものは意外にたくさんあるのです。

 

テレビやスピーカーなどは電磁波が発生するので、これらの近くに置くのはやめましょう。また防虫剤の成分の一つとなっている樟脳は、文字盤が変色してしまうことがあるので、タンスに防虫剤と一緒に保管しておくというのも危険です。

 

水場や火気の近く、また落下しやすい高い机の上などに、うっかりおいてしまうということも危険です。

 

家で一息、というときにロレックスを外し、飲み物のそばに置いてしまったりしていませんか?お茶には鉄分が含まれていますが、これは金属の腐食を引き起こす原因になります。また糖分が含まれるジュースなどをかけてしまうとサビ浮きを引き起こすこともあります。

携帯電話とロレックス、携行品をまとめて一緒にしていませんか?ムーブメント内に電磁波が帯磁してしまうと、歯車の動きが狂い、精度がダメになってしまいます。

直射日光のあたる場所に保管していませんか。ケースの中に熱がこもり、温度があがるとムーブメントの中に塗布されているオイルや文字盤の塗料が劣化してしまう危険性があります。

 

あまり神経質になるのもよくはありませんが、ロレックスも小さな時計ケースに、複雑で繊細な部品がいくつも入っている精密機械だということを忘れてはいけません。

うっかりを防ぐためにも、ロレックスはいつもどこに置いておくのか、という保管場所を常に決めておくとよいのではないでしょうか。

外したらすぐここに置く、このケースに入れる、この袋にしまう、と決めておけば、なんとなくどこかに置いてしまったということもないでしょう

忙しくて、時間に追われていても、ロレックスは家に帰ったらすぐ外す習慣をつけましょう。

家事を行う前、手を洗う前に外す習慣をつけ、決めた場所にしまったおくと、故障の要因となるものから守ることができると思います。