ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの高い防水性能 一般的なダイバーズウォッチをはるかに超えるレベル

ロレックスの腕時計は、ダイバーズウォッチ以外に関して100メートル防水がスタンダードなスペックとなっています。安いクォーツ時計が3気圧防水程度の日常生活防水レベルであることを考えると、いかにこのロレックスの標準として設けられた防水性能の水準が高いのか、ということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

100メートル防水となると、海に潜るくらいでは問題ありません。プールで泳ぐこともできます。しかし、ダイバーズウォッチとして作られたものでないということからも、わざわざ水没させたり、必要のない時に水につけるなどということはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

10気圧防水、100メートルまで防水性能があるといっても、長時間水の中につけておくことが可能というわけではありませんので、ロレックスの説明書通りに正しく使用するようにしてください。

 

 

ロレックスの高い防水性能 一般的なダイバーズウォッチをはるかに超えるレベル

 

一般的な時計業界の認識からすると、ダイバーズウォッチの基本は100メートルから200メートル防水であり、このレベルになるとスキューバダイビングが可能になります。

ダイバーズウオッチはダイバーの命を預かるという意味で、一般的な時計とは全く違った領域の性能が求められるといえるでしょう。日本のJASや国際的なISOの規格も、通常時計の防水時計(WATER RESIST)とは違ったカテゴリーを設け、ダイバーズウォッチに関しては潜水時計(DIVER’S)と区分しています。

 

防水時計(WATER RESIST)に設けられている基準は、加圧防水性など4項目となっていますが、潜水時計(DIVER’S)はこのほか、耐磁性、耐衝撃性、耐塩水性など12項目が定義されており、そのレベルははるかに高いものとなっています

 

100m〜200mの防水のレベルになると、スキューバダイビングができるスペックになりますが、飽和潜水に使うことはこの性能であればまだ不可能です。

100m防水のダイバーズウオッチは国産時計に存在していますが、外国製ダイバーは基本的にほとんどが200メートル以上となっています。

スキューバダイビングについては、素人は水深最大40m、プロのダイバーで100mまで潜ることが許されています。国産の100mダイバーズウォッチについては水深100m地点で活動できるというところまでが保証されています。

ロレックスは、こうした一般的な時計の常識をはるかに超える領域の時計を作っています。