ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの高い防水性能 ―潜水時計にもオーバーホールと適切なお手入れをー

ロレックスの腕時計はダイバーズウォッチ以外も、100メートル防水がスタンダードなスペックとなっており、いかにこの性能が高いレベルであるかということがこれまでのお話からお分かりいただけたのではないかと思います。

 

基本的に時計業界では、防水時計と潜水時計は別のカテゴリーになります。防水時計の性能に加え、潜水時計については耐磁性、耐衝撃性、耐塩水性などについても一定の性能以上のものしか認められないと定義づけられています。

 

ダイバーズウォッチに関しては、30気圧、つまり300メートル防水以上のものはプロダイバーが飽和潜水時に実際に使用できるレベルとして設定されています。

ちなみに、素人がスキューバダイビングできる深さは水深40メートルまで、プロになると100メートルまでとなっているので、実際に潜る深さをはるかに超える水深の性能を誇るダイバーズウォッチを使用するというイメージになります。

 

ロレックスの高い防水性能 ―潜水時計にもオーバーホールと適切なお手入れをー

 

300メートル防水のレベルまでくると、一般的な人が使う場合オーバースペックになるのでプロ仕様となるでしょう。

ロレックスについてはディープシーなどのレベルまでいくと、機械式時計の最高レベル3900メートル防水となっています。

3900m防水ともなると、深海レベルになりますので、人が使用するものとしてはオーバースペックすぎると表現できるかもしれません。防水性を売りにしながらも、そこまで必要はないかと思いますので、ここにこだわる必要もないと選択の際には思ってしまうところでしょうか。

 

いずれにせよ、こうしたダイバーズウォッチもスペックにそった時計の防水性能を維持するためには、定期的にオーバーホールに出すこと、防水検査をすること、そして適切な使用が求められます

竜頭を閉め忘れて時計を水につけるようなことがあってしまうと、内部に一気に水が入ることになり故障の原因にもなりますのでご注意ください。

 

ダイビングが趣味、ダイバーであるといったような人を除いては、ダイバーズウォッチをわざわざ選ぶ必要もないかもしれません。

しかし、ロレックスといえばダイバーズウォッチともいえます。ここにあこがれてロレックスを選ぶという人も少なくはないかと思いますので、日常的に不自然でないレベルの防水性能・潜水性能をもった時計を選んでいただければ、ファッション的にも問題なく楽しめることと思います。