ロレックスの買い取りー修理が必要な場合は修理代を買い取り価格から引かれるのかー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの買い取りー修理が必要な場合は修理代を買い取り価格から引かれるのかー

ロレックスは高価買取が見込める時計です。細かい傷があるくらいであれば、大幅に買い取り価格が落ちてしまうということはないと考えていいでしょう。コンディションによってある程度買い取り価格に影響が出てきますが、古いモデルや使い古したもの、また壊れてしまっているものでも買い取り可能ですので、まずはお近くの買取店で相談してみるといいでしょう。

イニシャルが入っているものや、ブレスレットが交換しなければ使えないといったような修理が必ず必要になるものでも買い取り可能です。どんなに壊れているモデルでも、ロレックスの中でスタンダードモデルとされるものや、人気のあるスポーツ系モデルは5万円から10万円の買い取り価格を期待してもいいかと思います。

 

ロレックスの買い取りー修理が必要な場合は修理代を買い取り価格から引かれるのかー

 

修理が必要なロレックスを買い取りに出した場合、相場からのある程度のマイナス査定は覚悟しなければならないかもしれません。厳密にいくらというわけではありませんが、修理代の目安を見てみましょう。

 

例えば、イニシャルや購入日、記念日の刻印が入っているものなどは1万円から5万円の修理代がかかるのでその分がマイナスになるかもしれません。リューズが取れている場合は、1万円から3万円くらいの修理代がかかり、金が素材に採用されているものは修理代も高くついてしまうのでその分買い取り値から減額になるかと思います。文字盤が破損している場合は5万円から高くつくと20万円くらい修理にお金がかかります。ダイヤモンドなどの装飾があるとその分高額な費用がかかるので、マイナス査定を覚悟しなければなりませんね。

針が汚れていたりさびている場合は2万円から3万円くらいが修理にかかります。ブレスレットが壊れている場合、ねじがとれている程度であれば数千円、バックル破損となると数万円くらい修理にかかってくるのでその分がマイナスになります。

ブレスレットが取れてなくなってしまっているものであれば、交換が必要になりかなりコストがかかるので5万円から20万円ほど引かれるかもしれません。オーバーホールが必要となる場合、例えばカレンダーが切り替わらなくなってしまっているなどであれば3万円くらいまでのマイナスがでるでしょう。表面のガラスに破損がみられる場合も3万円のマイナスを覚悟しましょう。

 

ある程度査定に出す前にきれいにしておくこと、日ごろからオーバーホールなどを行っておくことを心がけると買い取りの際に大損した気分にはならないかと思います。