ロレックスの細かい部分のお手入れについて どんな素材でも錆びる可能性がある | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの細かい部分のお手入れについて どんな素材でも錆びる可能性がある

ここまでロレックスのお手入れについて、パーツごとに簡単な拭き方どの取り扱い方法をご紹介してきました。

それぞれのパーツは、セーム皮やマイクロファイバークロスを使って丁寧に汚れをふき取っていただくことが望ましいのですが、細かい部分にたまったホコリや砂等を落とすには、歯ブラシや爪楊枝が便利です。

回転ベゼルとケースの狭い隙間など、細かいところを掃除する場合は、使い古した柔らかい歯ブラシなどを使い、またカッターなどで削った先端をとがらせた爪楊枝を使用すると効果的にお掃除することができます。

回転ベゼルは、歯ブラシの毛先を回転ベゼルとケースに隙間に入れ、優しくブラッシングしてみましょう。汚れがしつこかったり、小石などがはさまっている場合は爪楊枝でかき出します

リューズは溝の部分が、黒ずみやすいのでそこを意識的に掃除するとよいでしょう。ケースとの間には汚れが溜まりやすくなっています。爪楊枝を使って、丁寧にごみを除いてあげるとよいでしょう。

 

ロレックスであっても汗と皮脂には気を付ける

 

いくら耐久性に優れたロレックスといえど、汗と皮脂は大敵です。ステンレススチールでもゴールドでも日ごろからこれらへの対策が大切です。そのままにして時間が経つと、金属にとっては決して良いことはありません。

 

汚れを付着させたまま乾燥させるということを繰り返し行うと、どんな素材でも腐食を起こします。サブマリーナなど、ロレックスのスポーツモデルの多くに使用されるステンレススチールは、成分内のクロムが酸素に触れると、表面に酸化被膜ができます。これによって、錆びの発生を予防しておりさびにくいのが特徴ですが、汗やよごれが酸素の供給を長い間妨げてしまうと錆びることもあり得ます。例えステンレススチール素材のブレスレットであっても、コマの隙間にた汗や汚れがたまったままだと錆が発生するのです。

 

1日使った後は必ず拭く、これを徹底してください。夏の暑い日は特に、汗をかくような行動をとっていなくても時計を着けている部分は汗ばんでいます。裏蓋、ケースとブレスレットの隙間、コマ同士の隙間など汚れがたまりやすいので、できれば1日に何度か気づいた時に拭いてあげるとよいでしょう。

出先などで専用クロスがない場合は、ティッシュやタオルを使っても構いません。

 

以上、ロレックスのお手入れ方法についてご紹介してきましたが、基本の拭き掃除、これをできるだけこまめに徹底して行いましょう。