ロレックスの種類と正しい使い方 -クォーツ時計― | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの種類と正しい使い方 -クォーツ時計―

ロレックスは実用性に富み、その高い耐久性が何よりもの魅力です。高い技術で作り上げられるパーツの一つ一つが耐久性に優れ、メンテナンスを欠かさなければ、長く一生愛用していけるものになります。

代々受け継いでいけるほどの高い資産価値もあり、何十年と時を刻み続けてくれるものです。

 

しかし、ロレックスといえども繊細な精密機械を搭載した機械であることに違いはありません。いくら耐久性に優れているロレックスであっても、正しい使い方をしなければ壊れてしまうこともあるデリケートな側面も持ち合わせています。時計を正しく使う、ということは時計の種類を知り、その知識をもって正しい使い方をするということになります。

 

ここでは、ロレックスが主にラインナップする、クォーツ、自動巻き、手動巻きを取り上げ、その種類別の解説、そして正しい使い方などをご紹介していきたいと思います。

ロレックスが主にラインナップする時計コレクションの中でも、クォーツ時計は比較的少ないですが、クォーツ時計についても知っておくことで、他の時計を使う際の役にも立ちますし、ロレックスのクォーツ時計をチョイスした方にとっては必ず把握しておいていただきたい情報になります。

今日はそのクォーツ時計について、そして正しい使い方をお話していきましょう。

 

ロレックスの種類と正しい使い方 -クォーツ時計― 

 

クォーツ時計というのは、電池式の時計を指します。時計業界の全般を見るととてもポピュラーな種類のタイプです。ロレックス以外のブランドでもクォーツ時計を製造しているところが多く、女性用モデルや、男性用の入門機としてクォーツ時計は選ばれることが多いといえるでしょうか。

消耗式の電池から出る電気を原動力に、水晶、つまりクォーツを利用することで、時刻を制御し時間を表示するシステムがこれになります。

 

ロレックスの中では、オイスタークォーツなどのラインナップがあります。

正しい使い方のポイントとしては、電池が切れたらすぐに電池を交換することです。電池がきれたまま放置してしまうと、電池の中の液体が漏れ出してしまう可能性があります。こうなると電池を交換しただけでは動かなくなってしまうということもあります。分解掃除をして、高い修理費が求められることもありますので、電池がなくなったと気が付いたらすぐに交換するようにしましょう。

 

またクロノグラフは長時間使用すると、電池がすぐに消耗してしまうので、クロノグラフは短時間使用を心がけてください。

時計が強い磁気の影響を受けてしまうと、一時的に停止してしまったり、時刻が大幅に狂うことがありますので、携帯電話やパソコンなどの磁気を発生する機器また、バッグやマグネットなどからは時計を放して保管しましょう。