ロレックスの王冠マークにも偽物見極めポイントがある? | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの王冠マークにも偽物見極めポイントがある?

ロレックスはその人気の高さがゆえに、精巧な偽物が残念ながら流通してしまっているのが現状です。一般の人にはなかなか見分けることが難しいですが、ポイントを押さえておくともしもの時に活用できるかもしれません。

そもそも本物の実物とお目にかかることが簡単ではないモデルも大変多くあるため、本物を見ておいてそれとどこが違うかという点から見分けることは難しいかと思います。それでも、本物は丁寧に作りこまれている、偽物は雑な部分が目立つという違いは明らかですので、疑いの目をもって見てみましょう。

そもそも、プレミアがつく市場でなかなかお目にかかれないようなモデルが、一般のお店で売られている場合は疑ってみてみることが大切です。また相場から大きく価格が安くなっている場合や、明らかに安いという場合は何か問題がある可能性がありますので、注意してください。

では、実際にどんな点がポイントになるのか、エクスプローラーⅠを例に見極めるポイントをご紹介してきました。今日もロレックスの偽物を見極めるポイントについて、ロレックスのシンボルともいえる王冠マークをピックアップしてみていきましょう。

 

ロレックスの王冠マークにも偽物見極めポイントがある?

 

ロレックスの偽物をみわけるポイントとして、ガラス面の王冠の映り込みを見てみる手もあります。2000年以降に作られたロレックスの本物モデルには、文字盤のガラスの中に、王冠が透かしマークとして刻まれるようになりました。これは、偽物対策ともいわれており、なかなか偽物がここまで似せるのは難しいところです。本来透かしマークは肉眼では見えず、ルーペで横から見てみて初めて認識できるくらいです。偽物は、透かしマークを入れるのが難しいので、うっすら王冠マークが見えるように、数字6の下にマークを入れているものなどもあります

透かしマークが肉眼で見える場合は、完全に偽物です。

 

また、ブレスレットの王冠マークも見てみましょう。偽物より本物のほうが、丸みを帯びた刻印となっていることが多いようですが、本物の王冠マークを日頃から見ている人は、なんとなく形が違うのがわかるかと思います。

王冠の凹凸の彫刻の櫃も明らかに違いがあります。偽物は凹凸がなく、平べったい作りになってしまっているものが多いので、この点でも見極めが可能かと思います。

 

同じモデルで違いを見極めることができなくても、このように普段から本物を見ておくだけでも偽物となったときに気が付く目を養っておけるでしょうか。