ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの歴史 -メーカーの始まりとこの地位を築くまでー①

ロレックスは、現在世界のトップ時計メーカーとして知られています。どの国へ行ってもロレックスを知らないという人はあまりいないでしょう。

高級機械式時計の代名詞となっているロレックスはどんな歴史をたどって、現在の地位を確立してきたのでしょうか。ロレックスの歴史を振り返ってみたいと思います。

 

ロレックスの歴史 -メーカーの始まりとこの地位を築くまでー

 

ロレックスの始まりは、今から110年以上前、1905年までさかのぼります。創業者は、ハンス・ウィルスドルフという人物でした。自身が24歳の時、現在のロレックスの前身となるウィルスドルフ&デイビス社を、イギリスのロンドンにて創設しました。当時は、時計の輸入を主に行っていたそうです。

 

当時すでにトップメーカーとして活躍していた時計ブランド、パテックフィリップや、オーデマ ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンなどの創設者が時計職人であったのとは違い、ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフは、ビジネスマンとしてこのメーカーをスタートさせました。時計界の異端児として登場した彼は、のちに革命児として知られることになったのでした。

 

そして、1908年には「ROLEX」がラ・ショードフォンにて商標登録を受けます。ここから時計の製造がスタートしました。 ROLEXのロゴについては、創業者のハンス・ウィルスドルフが英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など、どの国においても言葉でも同じ発音で広く親しまれるようにということから作られたもので、造語です。日本では、ローレックスといわれることもあるようですが、ロレックスというのが正しく一般的な発音になります。

 

そして、ロレックスの名を一躍世界に知らしめたのが高い防水性能を確保したオイスターケースです。ロレックスは、1926年、スイス連邦著作権局においてオイスターケースの特許を取得しています。翌年にはねじ込みリューズの特許も取得しました。

このオイスターケースを有名にした、ロンドン速記者のメルセデス・グライツ嬢がドーバー海峡を横断したのも1927年のことでした。メルセデス・グライツ譲は、ロレックスとタイアップし、世界初となる防水時計オイスタークッションを身に着け、ドーバー海峡を15時間15分をかけ横断し、水が点滴であった時計に何も狂いが生じなかったというニュースは、ロレックスを世界トップメーカーへと押し上げたのでした。

これはロレックスがとったメディア戦略の代表的なストーリーですが、このドーバー海峡の横断を成し遂げたPR作戦のコストは、当時1億円にも上ったといわれています。