ロレックスの歴代クォーツ式時計のご紹介 | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの歴代クォーツ式時計のご紹介

ロレックスは、パーペチュアルの開発をもって自動巻き式時計メーカーとしてトップを極めていきますが、時代の流れとともに自動巻き式時計全盛期は終息を迎えます。1969年にセイコーが世界初のクォーツ腕時計を発表したことにより、クォーツ腕時計は最新のテクロノジー搭載の次世代の時計と位置付けられ、人々に受け入れられてきました。

1970年代のこのクォーツ時計の台頭により、ロレックスもその波に乗るべく、ムーブメント、ベータ21搭載のクォーツ腕時計ベータクォーツ(型式5100)を発表しました。

しかし、ベータクォーツは量産モデルとしてではなく、クォーツ時計史の第一歩としての試験的なモデルとして発売されたため少量の生産で打ち切られました。そしてそれに代わったのがオイスタークォーツです。

その後、いくつかロレックスはクォーツ時計を作り、消費者に選択肢の幅を広げていったのです。

今日はロレックスがこれまでに発売したクォーツ時計のラインをご紹介しましょう。

 

ロレックスのクォーツ時計

 

クォーツ時計として最初の作品となるベータクォーツは、ベータ21キャリバー搭載、1000本限定で発売されました。秒針がスイープ連針となっている点が大きな特徴で、ロレックスとしてはサファイアガラスを採用した初のモデルであったことも注目すべき点でしょう。ホワイトゴールドとイエローゴールドの金無垢素材のみのラインナップであったこと、また限定発売であったことなどから、一般消費者にはなかなか手が出せなかったモデルであり、現在は市場でほとんど見られない超レアモデルとなっています。

 

その後、1977年に発売されたのが、ロレックスを代表するクォーツ時計であるオイスタークォーツです。ベータ21は共同開発のムーブメントでしたが、オイスタークォーツでは、自社製クォーツムーブメントが搭載されています。

秒針は一般的なステップ運針となり、デイトジャストモデル以外にデイデイトモデルもラインナップされました。フラッシュフィットは採用されておらず、70年代のスタイルを代表するエッジの利いたデザインとなっています。

オイスタークォーツはすでに生産終了されていますが、中古品市場で流通しており、まだ入手できるクォーツロレックスです。ちなみに、生産は2000年代の初頭まで続きました。

 

オイスタークォーツに続き、ドレスラインとして発売されたのがチェリーニです。実用性を常に追求してきたロレックスがあえて実用性を外したモデルとして話題にもなりました。オイスターやパーペチュアルが省かれ、ドレスウォッチらしい革ベルトや薄さが加えられています。

現行はチェリーニタイムとして、現代的なサイズ感と自動巻きムーブメントが採用されていますが、これまでのモデルは小ぶりなケース径で手巻き式とクォーツ式の両方が生産されていました。バリエーションが多く、クォーツロレックスを捜している人にとっては、手ごろに中古品であれば手に入りやすいモデルです。