ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの正規品と並行輸入品の違いについて それぞれの仕入れルートとワールドギャランティ

ここまでロレックスの正規品と、並行輸入品について比較してきましたが、その違いはいったいどこにあるのでしょうか。今日は、正規品と並行輸入品について詳しくご紹介したいと思います。

ロレックスをこれから購入しようと考えている方にも、すでにロレックスのオーナーという夢のステイタスをかなえた方にも、ぜひ知っておいていただきたい知識の一つです。

 

正規品と並行輸入品の違いについて

 

ロレックスの正規品と並行輸入品の最も大きな差はその価格です。どうしてこの差が生まれるのでしょうか。その一番の要因となっているのが、仕入れルートです。仕入れのルートが違うだけで、商品は全く同じ正規品と並行輸入品、しかしそれぞれに違いがあるのです。

 

正規品と並行輸入品については、ロレックスに限った言葉ではなく、海外から輸入された製品ではよくあるものです。ロレックスについては、どの時計もすべてスイスにあるジュネーブの工場で生産されていますが、出荷後の仕入れ方法の違いによって、その呼び方が変わるのです。

製品自体は全く同じでありますが、正規品と並行輸入品では、価格相場など違いがあります

 

ではそれぞれを詳しく解説していきましょう。まず正規品についてですが、正規品とはメーカーから正規代理店を通して、直接店頭に並ぶものになります。

ロレックスの場合であれば、裏蓋に日本ロレックスのシールが上貼りされているものが正規品の証明になります。ロレックス本社は、ワールドギャランティといって、国際保証書を本来発行していますが、それに代行するものとして、日本ロレックス独自の保証書が発行されることになっています

 

それに対し、並行輸入品については、海外の正規代理店や正規の販売店から、ダイレクトに仕入れを行い販売店の店頭までやってくる品になります。それぞれの国の販売店は、本来国内での販売がメーカーより義務付けられているので、販売を一度行ったという形態をとる必要があります。そのため、並行輸入品に添付されているワールドギャランティには、並行輸入品を扱うショップが仕入れを行った日付が一般的に記されています

 

オープンギャランティと言って、中には国際保証書が未記入のまま販売されているものや、買い付けを行った日付よりも過去のものが記入されている場合も中にはあります。これらは、それぞれの国の販売事情によるものであり、ロレックスの時計自体の価値が保証されないなどということではありません。

並行輸入品についてくる、国際保証書、ワールドギャランティも正規店で購入するのと変わりない本物であり、ロレックスが本物であることの立派な証明になります。