ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの正規品と並行輸入品 どちらを買うとお得なのか・それぞれのメリットとデメリット

ロレックスには、正規品と並行輸入品があり、どちらも間違いなくロレックスのスイスにある自社工場で製造された正真正銘の本物でありますが、その仕入れルートによって価格や販売方法、付加されるサービスに違いが出てきます。ロレックスの購入に当たっては、価格と予算の面、サービスの面などを考慮し、理解したうえで、自分のニーズにあう買い方をしなければなりません。

そのためにも、前回から正規品と並行輸入品の違いについてご紹介してきました。今日は、では果たして正規品と、並行輸入品、どちらを購入するのが得なのかということについて考えていきたいと思います。

 

もちろん、どちらが得なのか、お得感を感じるのか、というのは個人個人違うかと思います。

正規品、並行輸入品それぞれのメリットや特徴などをおさえながら、自分にはどちらがあっているのかを見極める参考にしていただけたらと思います

 

正規品と並行輸入品、どちらが得なのか、それぞれのメリットは?

 

まず、成否金と並行輸入品のどちらを購入するほうがお得なのかということについてですが、正規品については、ケース裏蓋に、日本ロレックス社独自のシールが張られ、また日本ロレックスが独自に発行しているギャランティと呼ばれる証明書を日本語で受け取ることができます。これは、購入後、自宅に送られてくることになりますが、これをもってロレックスの正真正銘のオーナーになったことが証明されます。

 

人気があるモデルについては慢性的な品不足が続きます。そのため、価格の自由度が高い並行輸入品については市場価格が高騰してしまうことも多々あります。正規品の価格は定められているのである程度一定ですが、並行輸入品はケースによって日本国内の定価より高額になる可能性があるのです。しかし、価格が値上がりしない正規品については、人気モデルで品薄の場合数年ほど入荷待ちということもよくあります

 

一方で、並行輸入品は前述のように価格の高騰があることもありますが、反対にとてもお得な価格で購入することができる場合もあります。また、日本でなかなか手に入らないレアモデルが並行輸入品で流通しているケースもあるので、そこも狙い目になってきます。

 

このように、正規品、並行輸入品にはそれぞれにメリットもあり、デメリットもあります。自分がほしいモデルによっても状況は変わるでしょうし、根気強く予算を優先して待てる場合もあれば、いくら出しても良いからすぐ確実に手に入れたいという場合もあるかと思います。すべてを考慮したうえで、自分にあった品を選ぶようにしましょう。