査定ポイント(オーバーホール) | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

査定ポイント(オーバーホール)

ロレックスが中古市場で鑑定される際、鑑定士がチェックするポイントはまず何と言ってもその時計の状態です。
傷がある場合については現行モデルであれば原点ポイントになります。
綺麗に保たれているヴィンテージモデルはかなり高額の査定がおりることでしょう。
コンディション以外にももちろん鑑定士が見ているポイントがあります。
それはムーブメントの状態です。
精密機械であるロレックスの腕時計は、高い性能が保たれているかももちろん重要な査定ポイントとなるのです。
ロレックスの腕時計は機械式時計になりますので、基本的に数年に1回のオーバーホールが必要になります。
オーバーホールをきちんと受けているか、いつどのような時期に受けているかというのも査定に関係する項目になってくるのです。
むしろオーバーホールの時期によって、ムーブメントの状態が判断されると言っても良いでしょう。
そのため、きちんとオーバーホールに出している腕時計はそれなりの評価がされますし、オーバーホールを受けていないロレックスは外に傷がついてなくても減点されることがあります。
買取に出す際にはオーバーホールに出した明細書などがあれば有利ですのでお忘れなく持参してください。