ロレックスの時計を長持ちさせるために 時計の基本防水について知る | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの時計を長持ちさせるために 時計の基本防水について知る

ロレックスの腕時計を購入した時に、防水性について販売ショップの方から説明を受けたことと思います。その時計が、生活防水か、100メートルの防水性能を持っているか、または10気圧防水の時計なのかなど、時計の大敵である水についての耐久性に触れて説明があったのを覚えていらっしゃるでしょうか。

 

ダイバーズウォッチを始め、ロレックスは防水性能に長けた時計を多く作り出しているブランドです。オイスターというロレックスが発明した画期的な防水機能は、時計の歴史を塗り替えたものでした。ロレックスの購入を考える時点で、防水性能についてあれこれとお調べになった方も多いことでしょう。しかし、ただただロレックスがほしいというブランド力で選んだ方や、スタンダードモデルに絞って特に防水性へのニーズを持たずにロレックスを選んだ方などは、防水性能の話をされているときにも、あまりピンと来なかったかもしれません。

しかし、それでも防水性能について話があったのは、本来時計は水に弱い機械であるからです。

 

防水性能について知っておくことが大切

 

せっかく購入したお気に入りのロレックスを、万全の状態で長持ちさせるためには、時計の内部に水が浸入してしまわないようにすることが、とても大切になってきます。高い防水性能を誇るロレックスの時計は、少々のことで壊れてしまうようなことはありませんが、防水対応でないモデルや過度の水回りでの使用、性能を超える故意的な使用などによって水分が浸入してしまうことがあります。

ロレックスのオーナーが、自分が持っているモデルの防水性と防水構造について知っておかなければ、少しの油断で時計内部は簡単に浸水してしまうこともあります。そうなると、文字盤が曇ったり、針が腐食する原因になります。深刻になると、目に見えない部分となるムーブメントに腐食や錆びが発生してしまうことになります。ここまでくると、機能面に影響が及び、故障につながる直接の要因ができてしまいます。こんな状態にならないためにも、防水について基本的な知識を身に着けておかれるようお願いしたいと思います。

では、ロレックスを良い状態に保っておくために、時計内部に水を浸入させないという大前提を置いて、防水についての基本的な時計知識をお話していきたいと思います。ロレックスの防水性能についてお調べになった方でも、基本的な時計の防水性能についてあまり知らないという方も意外と多いので、ぜひ知識として身に着けてください。