ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの時計に違和感を感じたらすぐにプロの修理業者またはオーバーホールなどのメンテナンスへ

今日からは、ロレックスに起こりうるトラブルの例と、それにかかる修理費用についてご紹介していきたいと思います。

よくある症状とその原因について迫っていきますが、頑丈という大きな特徴があるロレックスだからこそ、不具合が起こったことになかなか実感がわかないことも多く、トラブルに気が付いた時には手に負えなくなってしまっているということも少なくはありません。信頼度が高いからこそ、定期的にメンテナンスを行うことが大切になってきます。

これを読んで、もしもご自分のロレックスにも思い当たることがあれば、早めにメンテナンスに出すようにしましょう。

 

ロレックスの時計に違和感を感じたらすぐにプロの修理業者またはオーバーホールなどのメンテナンスへ

 

ロレックスの腕時計は、ケースからムーブメントまでほかのメーカーには決してみられないほど高品質な素材を用い、そのどれもが耐久性にすぐれた設計となっています。そのために、高級機械式時計としてはまれにみるほど頑丈なつくりとなっているのが最大の特徴かもしれません。


それがゆえに、オーバーホールの目安は3年から4年と推奨されていますが、一般的なこの目安を超えても購入した新品の時と何ら変わらぬ優れた精度を保ち続けるのが、長所であり、難点でもあるのです。

ロレックス所有者は実用性の高い高級時計として、心から信頼してロレックスを愛用することができるわけですが、その一方で信頼性の高さからロレックスへの行き過ぎた過信が生まれ、ハードに扱ってしまうことも多いようです。

 

今日からはロレックスに発生しうるトラブルやその原因についてまとめていきますが、頑丈がゆえに不具合をなかなか実感することができないロレックスについては、ご紹介するトラブルに気が付いたとき、ほかの簡易な時計以上に大問題へと発展してしまっている、ということもあり得ます。

信頼性が高いからこそ、定期的にメンテナンスを行うことが何より大切になるのです。むしろ、定期的なメンテナンスを行ってこそ、信頼性を保つことができる、といってもよいでしょう。

万が一、ご自分のロレックスに購入時とは違う違和感を少しでも感じたならば、急いでメンテナンスを受けることをお勧めします。

修理業者に依頼するのもよいですが、一定期間オーバーホールに出していないのであればオーバーホールに持っていくのもよいでしょう。

 

また外装のトラブルに関しては、目に見えて症状がわかるトラブルとなりますが、使っていく中でも影響が及んできますので、ムーブメントや内部の部品のトラブルと同じく手に負えなくなる前に早めの対処を心がけましょう。