ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの基本モデル クロノグラフと3針モデルの特徴や魅力

腕時計は時刻や日付を読み取るものだけのものではなく、時間を測るクロノグラフや、回転ベゼルなどの機能が付加されています。また、防水機能付きダイバーズウォッチや、ほかの国の都市の時刻がわかるワールドタイムウォッチなどもあります。ロレックスには、基本となる5つのタイプの機能がありますので、今日は基本5タイプからクロノグラフ、そして3針モデルの特徴や魅力をご紹介します。

 

ロレックス基本モデルからクロノグラフと3針モデル

 

クロノグラフ針 は、一見秒針に見えますが、スタートボタンを押すと動き出し、時間を計測してくれます。スタート/ストップボタンがついていて、これを押すと針が作動して秒単位で計測し、もう一度押すとストップします。 初期状態に戻すときはリセットボタンで操作します。クロノグラフモデル以外にも共通していますが、時刻やカレンダー調整はリューズによって行います。防水性が確保されたモデルについては、機密性に富んだねじ込み式リューズが搭載されています。モデルによっては、タキメーターが搭載されており、移動するものの平均時速や1時間当たりの生産量が計測できます。

 

3針モデルについては、機械式腕時計のスタンダードモデルと一言で言えるでしょうか。

クロノグラフやそのほかの高い性能を持ったモデルがほかに多くあるものの、機械式時計の基本といえばやはり時針、分針、秒針を搭載した定番な3針モデルです。

何年使っていても飽きのこないシンプルな品質の高いモデルがロレックスにはそろっています。

 

3針モデルでは基本デザインは主に2種類あり、一般的な時針、分針、秒針を搭載したタイプと、秒針をなくした2針タイプがあります。

2針はあまり見かけないかもしれませんが、3針と比べてもすっきりとした印象で、デザイン重視のファッション時計に多くみられます。

 

これらのモデルはシンプルなデザインなので、インデックスや針のデザインがよりこだわられており、バリエーションが豊富にそろっていることが多いでしょう。スポーツモデルはカジュアルな感じが強いですが、3針モデルはビジネスでも、プライベートでも活躍してくれるので、大人として1本は持っていたい基本アイテムだといえます

 

3針モデルを選ぶ上ではブレスレットの着け心地やデザイン、素材感などが重視されます。

このモデルでも時刻調整はリューズを使いますが、手巻きのモデルではゼンマイの巻き上げもリューズで行います。