ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの型式番号とシリアル番号の確認についてー型式番号の意義とは?ー

ロレックスの本体には、型式番号とシリアル番号の2種類の番号が刻まれています。型式番号はモデルごとに与えられる番号で、シリアル番号はひとつひとつの個体に個別に与えられる番号です。シリアル番号については2010年までに作られたものは製造年を割り出す重要な情報になります。

 

ロレックスの型式番号とシリアル番号の確認について

 

では、ロレックスの本体に刻まれる型式番号とシリアル番号の確認についてです。保証書に書いてあるのでそれを見るのが最も簡単な方法ですが、それ以外では本体ケースの側面を見る方法があります。

しかし、この場合ベルトを外して確認する必要があるため、少し手間がかかります。ちなみに12時側に書かれているのが型式番号、6時側に書かれているのがシリアル番号になります。また、シリアル番号が文字盤の側面に刻印されているものもここ最近見られるようになっています。この場合は簡単に見ることができ、ルーレット刻印と呼ばれています。

 

シリアル番号については個別番号になり、1つずつ識別するという意味合いがありますが、型式番号についてはどういった意義で割り振られているのでしょうか。

型式番号の役割については、同じ見た目や同じスペックの製品を同一視するという目的があるのだと考えられます。例を挙げるとロレックスの人気モデルサブマリーナについては、数多くの種類が存在します。

機能差からみた場合、日付表示があるもの、サブマリーナデイト、日付表示がないもの、サブマリーナノンデイトです。また素材の違いでみると、ステンレスモデル、ステンレスとイエローゴールドのコンビネーションモデル、イエローゴールドやホワイトゴールドの金無垢モデルがあります。モデルチェンジによっても型式番号が変わると前回ご紹介しましたが、サブマリーナも現行モデル以外に1世代、2世代、またそれ以上前のモデルが数多く存在します。色は、標準の黒、グリーンサブと言われる緑、青サブと言われるブルーなどがあります。 

これらの組み合わせによって、同じサブマリーナでも数え切れないほどのチョイスが存在するのです。そしてその組み合わせごとに、何百種類もの型式番号が用意されています。それぞれの組み合わせによって、できあがった時計としての価値が異なるため、どれとどれを選んで完成したモデルなのかということを認識するために型式番号は存在しているのだということができるのではないでしょうか。