ロレックスの回転ベゼルの課題 -課題改善のため採用されたセラクロムー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの回転ベゼルの課題 -課題改善のため採用されたセラクロムー

ロレックスの腕時計のバリエーションの中には、回転ベゼルが採用されたものがあります。回転ベゼルが採用されたことによって、付加機能が与えられ、また配色のバリエーションが増えたことからデザイン性も高まりました。

こうした回転ベゼルが広げる可能性の背景には、改善しなければならない点もありました。

 

ロレックスの回転ベゼルの課題

 

アルミ製のベゼルプレートは、退色と傷という課題を長い間抱えていたのです。着色されているところが、経年劣化によって色あせてしまうこと、そしてアルミ製のプレートは傷がつきやすいことです

時計ファンの中には退色や傷もその味ととらえる方もいらっしゃるので、問題とまでは言えませんが、実用性を最も重視するメーカーであるロレックスにとっては、その課題を改善せざるを得なかったのではないでしょうか

そして、改善されたモデルが、2005年登場のGMTマスターⅡ116718LNでした。

 

ヨットマスターなど一部のモデルを除いて、この116718LN以降に採用されている回転ベゼルには、セラクロムと名付けられたハイセラミックが採用されています。ハイセラミックは傷に強く、退色しない素材です。アルミプレートの課題を解決するにはうってつけの素材でした。

ゴールドモデルを除き、目盛りのところにはプラチナがコーティングされ、より高級感をもったベゼルとなりました。

 

光沢、がラグジュアリーウォッチの高級感をもたらす要素になっているのであれば、ポリッシュ済みのハイセラミックが放つ光沢感によって、ロレックスのスポーツウォッチはより一層高級感を醸すことに成功したといえるでしょう。

に強いということは、光沢も持続していきます。長く愛用していきたい高級時計には理想的な素材でした。セラクロムベゼルは現在の最高水準のベゼルとされており、現行のサブマリーナやGMTマスターⅡに使用されています。 

 

ロレックスのスポーツモデルを選ぶとき、ファンにとっては退色や傷により味を持つことができる回転ベゼルが採用されているモデルか、近年作られている光沢を持つ高級感ある回転ベゼルか、つまりアルミ製かセラクロムベゼルか悩むところではないでしょうか。

ご購入を検討している方は、ロレックスが追求する理想はいったんおいておいて、ご自分の好みのチョイスをぜひ検討してみてください。

 

どちらにも回転ベゼルが採用されたことによって時計が得た特徴やメリットがある上で、どちらにもそれぞれの魅力あふれる特徴があります。