ロレックスの品番 | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの品番

ロレックス愛好家の方の中には、品番についてZやMのついたものを好み方が多いというアンケート結果が出ています。
モデルチェンジされる直前にでた最終品番については、史上でも非常に高値で取引が行われ、特に人気の高いデイトナRef.16520の最後の品番P品番は他のものと比べ差額が100万円ほどにもなったと言われています。
現在の最も新しい品番はMですが、ロレックスの場合AからZまでアルファベット順に品番が振り分けられている訳ではありません。
また、定期的に変更される訳でもなく、ロレックスから公式に品番における製造年月日が公表されているわけでもありません。
しかし品番はロレックスのその製品がいつ頃作られたのかと言うだいたいの目安にすることができます。
1987年から品番にアルファベットが用いられるようになり、最初はRから始まるものでした。
1989年にはL,1990年にはEと変化していきます。
2010年、G番が出された以降、2011年からのモデルについては英数字が使われ、8桁のランダムな品番となっています。
G番は最後のアルファベット頭文字の品番となっており、非常にレアです。
生産本数も少ないため、こちらも高値での取引が行われています。