ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの取り扱いについて  リューズの取り扱い注意点

ロレックスはリューズの取り扱いにも注意をしながら使いましょう。正しい知識を持たず、間違った使い方をしてしまっている人が多いようですが、リューズ関係はムーブメントに悪い影響を与えてしまいやすいため特に注意しなければなりません。操作方法がわからない場合や不安がある場合は、ロレックスの専門店または購入したお店に聞いてみると良いでしょう。

 

リューズの取り扱いについて

 

リューズは、一気に回転させたほうがゼンマイがよく巻き上がると思われがちですが、一気に回転させてしまうと、輪列機構も高速に回ってしまうので、歯車が摩耗してしまいます。そこまで神経質になることもありませんが、1秒に1回転を目安にゆっくりと回転させて使うようにしましょう。

 

またデイトジャストやサブマリーナなどにみられる早送り機構搭載のモデルについては、午後8時から午前4時の間の切り替えは避けてください。この時間帯に日付を早送りし、カレンダーを変えてしまうと、カレンダーの円盤と送り歯がかみ合っている状態なので、それぞれの歯が壊れてしまう危険性があるからです。午後8時以降午前4時まではリューズは触らない、ということを覚えておいたほうがよいかもしれません。

 

またリューズをまくときには数回に1度は空回しすると良いでしょう。これによってゼンマイの切れを予防することができます。リューズを2~3回転させ、空回し1回をセットにして、繰り返しながら少しずつ巻き上げを行っていくのがポイントです。他にも空回しは、ゼンマイの微妙なずれやたまみを修正してくれます。

しかし、アンティークロレックスやデイトナモデルについては、空回しは行わないのが無難です。

 

古い時代に作られた時計のムーブメントは、分針を逆方向に回してしまうと、内部の機構の影響が及びます。時刻調整の際には、時計回りに動かしてください。

アンティークロレックス以外でもデイトナなどの複雑機能搭載モデルも逆方向にまかないようにするのが無難です。

 

ここまでロレックスの取り扱いについてお話を進めてきましたが、高級実用時計であるロレックスは、壊れにくいというのが特徴です。しかし、機械式時計という繊細な存在であり、知識を持たずに取り扱うとトラブルにつながってしまいます。クリーニング方法、メンテナンス方法、取り扱い方法など、ここでご紹介したことを参考に大切に取り扱い、長く良い状態でロレックスを使い続けられるように心がけましょう。